外来案内

外来コンシェルジュ

当院にはコンシェルジュナースがいます ⇒ コンシェルジュ   

高齢者看護相談外来

専門的な知識や技術を持った認定看護師が、患者さんやご家族からの療養生活上の相談
をお受けしています  ⇒ 高齢者看護相談外来

在宅診療部(訪問診療相談外来) 

当院では2018年4月に在宅診療部を立ち上げ、小金井市を中心とした地域において、がんで療養中の患者さんの訪問診療を行っております。法人内の訪問看護ステーション(小金井訪問看護ステーション)が24時間体制になり、これまで以上に連携をしながら在宅療養をサポートして参ります。患者さんやご家族のご希望に応じて医療用SNS(MCS)を用いた情報共有を行っており、より充実した連携と安心した療養が可能になります。
小金井市および近隣の地域にお住まいの患者様で以下のご希望がある方は地域医療連携室にご相談ください。

①すでにかかりつけ医がいるが、緩和ケアのサポートを希望
 (かかりつけ医の診療はこれまでどおり継続しながら、一緒にがんの診療をサポートします。)
がん治療中だが将来ホスピスの入院も考えている方で入院までの訪問診療を希望
がん治療中だが将来なるべく最期まで在宅での療養を希望していて訪問診療を希望
小金井市内の有料老人ホーム入所中のがんと診断され訪問診療を希望
    *①~④については主治医からの紹介状が必要ですので、まずは主治医に御相談ください。

【訪問診療相談外来】 木・金 完全予約制  
担当 : 在宅診療部長(ホスピス医師) 大井 裕子

ご本人またはご家族に相談外来においでいただいた後に訪問診療を開始いたしますが、 
まずは地域医療連携室までご連絡ください。  
電話 042-383-4111(地域医療連携室)   

診療について

診療日 月曜日~土曜日(祝日・年末年始を除く)
診察時間 午前9時~ (午後診療を行っている診療科については各診療科にご確認ください)
初診 (当院を初めて受診される方)
受付時間 午前8時30分~午前11時30分
(整形外科は午前11時まで※火曜日は午前10時まで)
* 用意していただくもの:健康保険証、各医療証など
* 正面玄関の開扉時間は午前8時です。
再診 (同じ診療科を再度受診される方)
受付時間  再診受付機 午前8時00分~午前11時30分
医事課窓口 午前8時30分~午前11時30分  
午後の診療のある診療科の受付時間は各診療科によって異なりますので、各診療科にてご確認ください。
*用意していただくもの:
  診察券(保険証、各医療証は毎月1回月初めに必要です。)
  保険証が変更になりましたら必ずご提示ください。
休診日 日曜日、祝日、年末年始(12月30日~1月3日)
・ 他の日に休診することがありますので、ご確認の上、受診してください。
診療科目 1階 内科 精神神経科 小児科 ホスピス科    
2階 外科 整形外科 産婦人科 眼科

外来表示盤について

電子カルテの稼働に合わせて外来の1階と2階に外来表示盤(ディスプレイ)を設置しました。

設置場所 1階:4か所
       外来受付、内科側通路入口と通路の奥、精神神経科側の入口

       2階:3か所
       外来受付、産婦人科側入口と眼科側入口

      display

  1.  診察の順番が近づくと受診票(初診受付または再診受付手続き後に発行されます。)に記載してある4ケタの受付番号が表示されます。
  2. 医師ごとに4つの受付番号(「診察中」1つの番号、「診察室前でお待ち下さい」3つの番号)が表示されます。「診察室前でお待ち下さい」に番号が表示されましたらそれぞれの診察室付近でお待ち下さい。
  3. 各医師が診察室にお入りいただく患者さんの番号を操作すると番号が「診察中」の欄に移動します。また、別画面で大きく表示されますので、担当の医師の診察室にお入りください。補助的にマイクでもお呼びすることもございます。

      sample3

◎診察の順番は予約した時間(予約は30分枠に概ね5名の方が予約されています。)順に、その時間帯の早く受付を済まされた患者さんからとなります。
なお、患者さんの身体症状により順番が変更になることがありますので、予めご了承ください。

 

 

外国国籍の患者さんへのお願い

 

当院では外国国籍の患者さんの受診については、

より安全な診療のために日本語が話せる方に限定させていただいております。

日本語の話せない方が受診する場合には、必ず通訳の方が必要となります。

入院治療においては、24時間対応可能な通訳の方が必要となります。

 

また、当院での治療方針に賛同していただけない場合は、

他院で受診されるか、または他院を紹介させていただきます。

 

なお、治療費等の診療に係る費用を支払うことができない場合は、

必ず事前にお問い合わせ窓口にご相談下さい。

 

桜町病院での安全な医療を遂行するためにご協力をお願いいたします。

 

Request to non-Japanese patients,

In order to provide the most safest medical care we restrict our services to those who can speak Japanese.

Should we accept someone who doesn't speak Japanese it is absolutely necessary that they provide a translator on a visit.

Should the patient be admitted they must provide a translator 24 hrs a day.

Should our medical policy be unacceptable to you we will refer you to another hospital for treatment.

Furthermore, in the case you are unable to meet the cost of medical treatment please convey this to the receptionist in advance.

In order to provide safe medical treatment at the Sakuramachi Hospital we ask for your cooperation in these matters.

Director of the Hospital

 

 

<お問い合わせ窓口> 

地域医療連携室医療福祉相談係

電話 042-383-4111  (内線)155又は156

 

  • 診療について
  •  
  •  

 

ページのトップへ戻る