産婦人科

当院産婦人科は平成21年4月から日本産科婦人科学会専攻医指導施設に認定されています。様々な症状の患者様を受け入れるために指導医体制のもと適切な医療を提供させていただきます。
産科診療は、妊婦健診、助産師相談、4D超音波外来を行っております。
婦人科診療は、良性疾患(子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症、子宮内膜ポリープ)を中心に、月経困難、月経不順、不妊症、更年期症候群、骨盤臓器脱なども対応致します。 婦人科悪性疾患が考慮される場合や、生殖補助医療が必要と判断される場合は、専門医療施設へと紹介させていただきます。

【外来患者数の推移】

 

産科部門

自然分娩……陣痛発来、破水などで入院し自然分娩をお手伝いします。

計画出産……ご家族のご都合や、お子さんを預かって頂く理由で希望される方に行います。あらかじめ入院日を決め、子宮口の開き具合により分娩前日、もしくは当日 より入院し陣痛促進剤を使用し分娩となります (特に経産婦の方にお勧めです)。

帝王切開……分娩停止の方、逆子の方、赤ちゃんの元気がない場合、子宮手術既往のある方(帝王切開、子宮筋腫摘出後)等に行います。 帝王切開は夜間・休日時も対応可能です。

無痛分娩……無痛分娩は単に疼痛除去のみではなく、妊娠高血圧症候群に罹患している方や、疼痛に対し強い恐怖感のある方に非常に有用な手段です。 無痛分娩の場合、陣痛発作が弱くなり、分娩時間が長くなるケースがあるため陣痛促進剤の併用を行うことがあります。また、赤ちゃん娩出時に、いきみが弱くなるため器械分娩(吸引・鉗子)になることがあります。
無痛薬分娩の薬剤は少量から使用し副作用が無いこと確認した後に疼痛除去を行っていきます。また陣痛促進剤も日本産科婦人科学会のガイドライン規約に基づき適切に使用します。陣痛促進剤の使用前、無痛分娩の前には必ず書面にてご説明させて頂きます。 尚、いずれの薬剤の使用も赤ちゃんには影響がないとされています。
※安全に無痛分娩を行うため、夜間帯・休日帯の無痛処置が困難な場合もあります。

【分娩件数の推移】

  平成26度   平成27年度 平成28年度
分娩件数 483 453 456
経膣分娩 394 359 373

帝王切開数 (%)

89 (18.4)

94 (20.8) 83 (18.2)

分娩の詳細に関しては 分娩 をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

婦人科部門

良性疾患の低侵襲手術を中心に行っています。低侵襲手術には、腹腔鏡下手術、腹腔鏡補助下手術、子宮鏡下手術があります。当院では吊り上げ法による腹腔鏡手術を採用しており、創部が小さいだけではなく、何よりも合併症が非常に少ないことが利点です。また、当院は東京医科大学病院の関連病院となっています。夜間・休日時に緊急手術が必要な場合や、術後合併症が発症した場合は連携をとり精密検査・治療依頼を行います。

【手術件数の推移】

  平成26年度 平成27年度 平成28年度
腹腔鏡下手術総数 282 263 254
  筋腫 122 104 112
卵巣(チョコレートのう胞含む) 144 165 123
子宮全摘術 15 18 17
異所性妊娠 1 1 2
子宮鏡下手術総数 113 90 95
開腹手術総数 53 90 107
   子宮全摘術 24 18 33
筋腫、卵巣腫瘍摘出 19 69 74
流産手術、試験掻爬術 45 50 70
その他手術 1 41 19

※手術による合併症件数(平成25年~平成28年)
 腹腔鏡下手術の開腹手術へ移行 0件
 輸血症例 2件
 創部感染・創部離開 3件
 感染・出血などによる再手術例 2件

 

 

 

 

 



腹腔鏡下手術

 

ページのトップへ戻る