グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




桜町聖ヨハネホーム

2020年度

ヨハネホームからのお知らせ

面会について(ご家族様へ)


10月の様子

中秋の名月(10月1日)

「中秋の名月」
旧暦の8月15日に出る月のことを表しており十五夜のことを言います。中秋の名月をめでる習慣は平安時代までさかのぼり中国から伝わったと言われています。
今年は午前中まで雲が多く、夜は月が見えるのかしらと心配していましたが、とてもきれいな月夜になりました。お月見団子やお芋などの穀物をお供えし、ススキの穂が風に揺れる様はとても風情のあるものです。この月明りのもとで、静かに穏やかな時間を過ごすことができました。このような文化はとても大事にしていきたいものです。(担当)

9月の様子

9月21日㊗敬老会

     ㊗敬老会
ご利用者様のご長寿をお祝いして敬老会を開催いたしました。 今年は感染症対策により、ご家族様やボランティアさんにご出席いただけませんでしたが、精一杯お祝いの気持ちを込め実施いたしました♪ 園長からのお祝いの挨拶に始まり、昼食の豪華なお祝い膳やおやつのドリンクバイキングとプリンにご利用者様の笑顔がいっぱい溢れていました。
職員からは和太鼓やハンドベル演奏をプレゼント。演奏に合わせてご利用者様も歌をくちずさんでいました。これからも皆様には末永くお元気で過ごされることを職員一同心よりお祈り申し上げ、お祝いの言葉とさせていただきます!

書道の時間

コロナ感染症対策でボランティアによるサークル活動がお休みの中、職員による習字教室を開催するとご利用者様をお誘いをすると皆さん一様に喜んで参加してくださいました。
書道サークルで使用しているお手本の中から、お好きなものを選び真剣な表情で取り組まれていました。
普段、準備から片づけまで担当してくださっているボランティアの方々のありがたみを改めて感じました!

8月の終わりに

8月31日に、小金井市の西岡市長がわざわざヨハネホームに、このコロナ感染症時に頑張っている施設職員への激励と慰労のためにお立ち寄りくださいました。
ありがとうございます、職員一同気を引き締めて職務に励んで参ります!

カトリック小金井教会の方々より、このコロナ禍に感染しないよう頑張っている私たち職員のため、またこの施設が感染症から守られますようにとのお気持ちにより、写真の千羽鶴が届けられました。多くの祈りが込められた千羽鶴、正面玄関でマリア様とともに私たちをお守りくださっています。

いつもありがとうございます。
私たち職員も精一杯頑張ります✟

5月 端午の節句

「青い空に泳ぐこいのぼり」

初めての試みで、中庭に「こいのぼり」を泳がせてみることにしました!

コロナウィルス感染予防のため、外部からの演芸ボランティアなどの来園はなくお楽しみが減っているのではないかと思い職員で考えました!
青い空に風になびいて泳ぐこいのぼりをみて、少しでも晴れやかな気分になっていただく、そして5月を感じていただく、そんなひと時になればいいなと思います☆彡

こいのぼりを泳がせる前の準備
これぞ『まな板の鯉』!!

ホームの3階から別棟の記録室までを紐でつなぎます。うまく泳がせることが出来たでしょうか~

新しい年度が始まりました

今年は桜を楽しむ余裕がなかったのですが、例年通りこの桜の木は満開でした。

ご家族の皆さま、このホームページをご覧の皆さまへ

今年は、コロナウィルス感染危機により施設のご利用者様ご家族様の面会につきまして、制限をさせていただいております。4月は、面会のできないご家族様やご利用者様の「会えなくて寂しい」「どうしているかしら」などのお声を聴き、ホームとして何かできないかと皆で相談しました。そしてご家族の皆さまへ、ご利用者様お一人おひとりの写真入りのお手紙を作成しお送りさせていただきました♬
まだまだ先行き不透明でご心配をおかけしますが、職員一同感染症を持ち込まないよう、十二分に注意しながら職務に努めて参ります。どうぞご理解ご協力のほどお願い申し上げます。尚、何かございましたらご連絡いただけますと幸いです。