グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




桜町聖ヨハネホーム

2018年度

「転倒転落対策セミナー」を実施しました

7月31日(火)に、センサーマットコールメーカーの
株式会社テクノスジャパンの担当者様の協力を得て、「転倒転落対策セミナー」を実施しました。

効果的な危険予知トレーニングについてや、センサーマットコールの活用方法などを教えて頂き、参加者からも多数の質問が出ました。

ついに訪問が実現 !

一昨年、広島で開催された日本カトリック老人福祉施設協会の全国大会でお会いし、お話を伺い、是非とも訪問させてもらい、いろいろと学ばせていただきたいと考えていた、仙台の『社会福祉法人カトリック児童福祉会特別養護老人ホーム 暁星園』へ、ついに訪問が実現し、高齢福祉部門の統括施設長はじめ経営層と管理者、現場のスタッフの総勢8名でおじゃますることが出来ました♪♪

お忙しい折にもかかわらず、副理事長の佐藤定雄様、前園長で全国大会でお知り合いになれた現法人常務理事の菊地昭三様、園長の芳賀恭司様、事務主任の中禅寺洋光様、現場の主任の方々。皆様にお出迎え頂き、長時間施設の案内と説明など我々の分からないことに対して本当にご親切に丁寧に教えいただきました。
誠にありがとうございました。

副理事長の社会福祉法人のカトリック施設たるものとして、いかにあるべきか、気概のあるお言葉や常務理事の温かみのあるお言葉を拝聴し、また現場の方々がその思いを具現化しようと日々努力していらっしゃるのだなと言うことが、見学中のお話しの端々から伝わり、これから自分たちが目指そうとしているところの勇気を頂き、帰路に着く事が出来ました。今後もご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

より良い支援を目指して! 園内研修『看取りまでの流れ』を実施しました

今回の園内研修はターミナルケア委員会主催で、介護職員・看護職員に向けて『看取りまでの流れ』を看護職員が講師になり実施いたしました。終の棲家として人生の完成をここで迎えられるご利用者様に対して、より良い支援を専門職がチームとして支援できるようにと委員会は活動しています。

『ロボット活用de経営力強化セミナー』に参加してきました!

先日、リコージャパン主催の『ロボット活用de経営力強化セミナー』に行って参りました!
講師の先生のお話で、「ロボットはツールの一つである。それをどう『最大限に活用』するのかは、やはり自分たちがどのようにあるべきなのか?『あるべき姿』を考え、それに向かっていく事が必要である」ということのお話を伺いました。我々も『あるべき姿』に成るべく、SWOT分析をして中期計画も立案しました。その中の一つとしてロボット活用にも着目しています。ご利用者様は勿論、職員にとってもより良いホームとなる様に、我々一同努力して参ります。

【参考】SWOT分析とは:
Strengths(強み)・Weaknesses(弱み)・Opportunity(機会)・Thread(脅威)の4つの項目から
内部環境や外部環境について分析を行い、方向性や改善策を洗い出し、戦略へとつなげる手法

「自衛消防訓練発表会」に参加しました

6月15日(金)小金井消防署主催の「自衛消防訓練発表会」に、桜町センター・ヨハネホームの職員、総勢9名で参加しました。過去の火災事例について映像を見た後、消火訓練として消火栓の操作方法を学んできました。
火災を起こさないことが最も重要ですが、万が一、火災が起きた時には消火器で消火すると同時に、消火栓も「使える状態」にしておくことが重要だそうです! 職員一同、大変有意義な訓練となりました。

訓練の様子はこんな感じです ↓

2人用の消火栓で訓練をしました

2人で声を掛け合い連携をとります

夜勤ケアワーカー対象の一次救命講習を実施しました

5月31日(木) 小金井消防署の協力を得て夜勤ケアワーカー対象の一次救命講習を実施しました(介護事故予防対策会議主催)消防署の方の指導のもと、心肺蘇生・自動体外式除細動器(AED)について実技を中心に学びました。質疑応答では、一般的な救命についてだけではなく高齢者への対応についてもアドバイスをいただきました。

サービスマナー研修を行いました

ケア委員会のサービスマナー担当による『言葉遣い』について、全職員対象のマナー研修がありました。
マナーとは『相手を大切に思う気持ちを場面や状況に応じて適切に表現すること』であり、ただ単に『思い』を持っているだけではなく、適切に表現することをきちんと身に着けなければならないことを学びました。

『マナーは技術である!!』 その習得に向けて、日々精進せねばと参加職員一同感じました。