医師紹介(常勤医師)

小林 宗光 院長/小児科一般

日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会特別会員

小児科一般の診療をしております。専門はこどもの心臓病ですので先天性心疾患、川崎病、不整脈などの診断や経過観察も可能です。診療が終わったときに、ホッとした気持ちを感じて頂けるような医療ができればと考えています。学童の心臓検診(多摩地区の7市)や心臓病児の療育キャンプを30年以上続けてきました。
石島 武一 名誉院長/脳神経外科

日本脳神経外科学会専門医 石島 武一 脳神経外科を標榜はしていますが、当院では脳神経外科の手術はしておりません。主として外来で脳外科的疾患についてのご相談をお受けしております。手術を要する疾患が発見されたら、近隣の然るべき病院にご紹介いたします。頭痛、めまい、パーキンソン氏病不随意運動、てんかん、など、神経内科的疾患も受けています。
軽度の脳梗塞の入院、リハビリもお受けしています。
瀬口 秀孝 副院長
循環器内科部長 /内科一般・循環器内科


日本循環器学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医


心臓病の診療が専門です。内科一般の診療に加え、狭心症不整脈、心不全等、心臓病の早期診断、治療、予防についての診療を行っています。 高血圧症や高血圧等の生活習慣病についてもお役に立てると思います。気軽に受診してください。
向田 利一 副院長/産婦人科

日本産科婦人科学会認定医
日本胎盤絨毛性腫瘍学会・エンドメトリオージス研究会

外来では産婦人科一般診療(産科外来、婦人科外来など)や更年期外来、心身症、自律神経失調症、不定愁訴などの治療や相談、それにセカンドオピニオンも行っておりますので気軽に受診して下さい。 入院では入院患者さまの管理、分娩、帝王切開などの手術を手がけております。スペイン語が少し話せます。
村田 直樹 内科部長
消化器科部長/内科一般・消化器


日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会内視鏡専門医

救急救命医療に長く携わっておりましたが、東日本大震災における医療支援を経験 し、スピリチュアルケアの重要性を痛いほど実感しました。当院では高度先進医療は できませんが、優しく丁寧な医療をこころがけ、身体的にも精神的にも、穏やかに日々を過ごすことができるよう、お手伝いをしていきます。また、救急・災害医療の経験を生かし、困った時、災害が起こった時に、頼りになる病院づくりをしていきたいと考えています。
楠本 洋 呼吸器科部長/内科一般・呼吸器内科

日本内科学会認定医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医

呼吸器疾患(呼吸器感染症、喘息、COPD,間質性肺炎、肺癌等)を中心に内科の診療を行っています。 チーム医療の展開に努めていきたいと思っています。
井上 優子 療養病棟担当 部長/内科一般・障害児/者医療

都立府中療育センターで重症心身障害児・者、富士聖ヨハネ学園診療所で知的発達障害の方々の高齢化問題にあたってきました。 桜町病院療養病棟では、高齢の患者さまやご家族が安らげる毎日のお手伝いをと願っております。

林 志文
    もとふみ

ドック健診部長/内科一般・呼吸器内科

インフェクションコントロールドクター(感染制御ドクター)  呼吸器疾患、内科一般を診療しております。 地域の皆様のお役に立てる様、日々努力して参ります。
平嶺 和宏 糖尿病代謝部長/一般内科、糖尿病内科
澤口 義康 老年病内科部長

日本老年医学会認定老年病専門医
日本神経学会神経内科専門医

高齢者医療 (主に脳血管障害、認知症、パーキンソン病) を中心に診療に携わってきました。 これからも高齢患者さまに対して、適切な医療提供を行えるよう心がけて参り ます。
藤村 静香 内科医長/内科一般・循環器内科

市中病院の循環器内科で心不全、不整脈などの疾患を診てきました。入院患者さまには高齢の患者さまも多かったですが、こちらの病院では、より高齢患者さまに関心を向けた医療を、また生活の場に近い医療、内科全般をひろく勉強していきたいと考えています。
寺田 久子 精神神経科部長/一般精神科・精神科リハビリテーション

日本精神神経学会精神科専門医
精神保健指定医

精神科疾患の情報が様々なメディアやインターネットを通じて世の中に氾濫しています。どこにいけばいいのか困っていらっしゃる方、また病気ではないのに、病気ではないかという不安に苦しんでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。きちんとした診断と有効かつ適切治療を心がけていますので、どうぞ悩まないで、まず外来にいらしてください。
宮島 加耶

精神神経科医長/精神科一般

日本精神神経学会精神科専門医
精神保健指定医

これまで精神科一般の診療とともに、がんをはじめとする身体疾患で治療中の患者さんのメンタルケアに携わってきました。院内の他の科、地域と連携しながら、患者さんひとりひとりに合った治療を行いたいと思います。困っていらっしゃることをぜひ、ご相談ください。
山田 智子 小児科部長/小児科

日本小児科学会専門医

小児科一般の診療を行っております。これまで大学、救急を専門とする病院で小児の診療を行ってきました。 子ども達が明るい笑顔で過ごせるよう、健やかな成長と、健康を守るお手伝いができたらと思っています。
杉立 眞理子 小児科医長/小児科一般

大学の医局在籍中とその後の約25年間の臨床で得た知識と経験をもとに小児科一般と障害児の医療の分野で働いています。院内のみでなく小金井市の保健センターでの経過観察健診、障害児施設での健診や相談も行っています。日々発達していく子ども達が、健やかに成長するように手助けをしたいと思っています。
池野 英樹 外科部長/消化器外科・一般外科

日本外科学会専門医

消化器および外科一般の診療と手術を行っています。 患者様とご家族の身になって、より良い治療を行っていけるよう、日々努力しております
植木 ひさよ 外科医長/消化器外科・一般外科

日本外科学会専門医

消化器外科及び一般外科の診療を行っています
胃癌・大腸癌・虫垂炎(もうちょう)・胆石・鼠径ヘルニア(脱腸)・痔・肛門周囲膿瘍・表在の外傷(切り傷・擦り傷・虫刺され・動物咬創・熱傷など)などです。
患者さんの病状・環境・希望に出来るだけ沿った治療法を共に模索するよう心がけています。安心して治療ができるようサポートいたします。お気軽に御相談ください。
増岡 一典 整形外科部長/整形外科

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
日本リウマチ学会専門医

脊椎外科及び整形外科一般の診療を行います。皆様のお役に立てるような治療を心掛けています。肩こりや腰痛、セカンドオピニオンでもお気軽にご相談下さい。
田野倉 誠 リウマチ関節外科部長/整形外科

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

整形外科一般の診療に加えて、加齢や関節リウマチなどに伴う関節の変形、痛みに対する治療を行っております。特に膝、股関節などで変形が強く保存療法の効果が少ない場合には人工関節置換術を中心とした手術療法を行っております。手術は患者様の痛みや苦痛が少なくなるよう様々な取り組みを行っております。また関節リウマチの患者様に対する内服薬や生物学的製剤を使用した治療も行っており、関節変形の進行が進んでしまい機能障害の強い方には手術加療を行っております。   
山口 美樹 リハビリテーション科部長/整形外科

日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定医

整形外科は運動器疾患(骨関節・筋肉および脊髄・末梢神経疾患)を診察します。骨折等の外傷はもちろん、腰痛、関節の痛み、肩凝り等で,お悩みの方はご相談下さい。 私自身は障害者スポーツに興味を持っています。
島田 崇史 整形外科医長

日本整形外科専門医
日本人工関節学会会員
日本関節協、膝、スポーツ整形外科学会(JOSKAS)会員

整形外科、一般の診療に加え、膝、股関節の変形、疼痛、腫脹(関節水腫)などにお困りの方を中心に治療を行っております。特に膝に関しましては人工関節手術の他に、半月板損傷や髄膜炎などに対し、関節鏡を用いた手術も行っております。その他、外傷(骨折、脱臼等)にも対応しておりますので、お気軽にご相談していただければと思います。
高江洲 陽太郎 産婦人科部長/産婦人科

日本産婦人科学会専門医
日本エンドメトリオーシス(子宮内膜症)学会会員
日本産婦人科内視鏡学会会員
日本周産期・新生児学会会員
日本胎盤学会会員
日本婦人科腫瘍学会会員

産科・婦人科の一般診療を行っています。特に近年増加しつつある、子宮内膜症の患者様には、手術療法以外にも薬物療法や、手術後の再発予防も担当しています。手術では、内視鏡手術(腹腔鏡・子宮鏡)の他、小切開手術や一般開腹手術、帝王切開も対応いたします。また、妊娠中の方には、適切な周産期管理とともに、より良い出産ができるようにご協力させていただきます。
大井 禎志子 眼科部長/眼科

日本眼科学会
日本眼科医会

眼科一般治療を行っております。当院での手術は白内障手術が主です。地域医療に貢献していきたいと思っておりますので白内障にかぎらず網膜硝子体、斜視、弱視、緑内障などもお気軽に御相談ください。
金子 伸一 麻酔科部長/麻酔科

日本麻酔科学会麻酔科指導医・専門医
杏林大学麻酔科非常勤講師

主に手術の際に、全身麻酔や局所麻酔を行っています。 安全で安心の麻酔を心がけています。また、手術の後の痛みをなるべく和らげるように努めています。
三枝 好幸 ホスピス科部長/ホスピス緩和ケア

日本緩和医療学会暫定指導医
日本死の臨床研究会本部事務局幹事・世話人
日本終末期・緩和ケア臨床音楽療法士連絡会顧問・監事
日本ホスピス緩和ケア協会医師教育支援部会員
聖マリアンナ医科大学緩和ケア外部講師
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

ホスピスは治癒が困難と判断された病気と、どううまく付き合っていくかを一緒に考えていくところです。病気とうまく付き合っていくためには「苦しい」とか「痛い」を我慢していたのでは頑張れません。人の持つ痛みは「身体的」なものだけではなく、「精神的」「社会的」「スピリチュアル」の4つの痛みがあり、これらの痛みを総合的にみていく「全人的ケア」が必要です。そこで私たちは「多職種チーム(医師・看護師・看護助手・ボランティア・チャプレン・音楽療法士・管理栄養士・薬剤師・社会福祉士・理学療法士など)」で、辛くなく過ごせることを第一に考えながら、その人が一番大切にしたいことを私たちも一緒に大切にしていきたいと考えています。また、一般病棟にご入院の患者さんの「痛み」も緩和できるようお手伝いさせていただきます。
大井 裕子 ホスピス科医長/ホスピス緩和ケア

日本緩和医療学会暫定指導医
日本消化器外科学会専門医

腫瘍外科医、内科医、地域医療の経験を活かし、全人的なケアが提供できる医療をめざしています。患者様・御家族のニーズに応えられるようスタッフとともに考えてゆきたいと思います。 何でもお気軽に御相談下さい。

 

ページのトップへ戻る