小児科

小児科は、保護者の方の身近な存在を目指し、日常の病気から、育児相談、また専門的な疾患まで幅広く診療を行っております。外来診療が中心で、一般小児の入院施設はありません。より専門的な検査や治療、あるいは入院が必要と考えた場合には、保護者の方とご相談して適切な病院へご紹介いたします。常勤の医師3名とアレルギー専門の医師を含めた非常勤医師4名が診療しています。
医師の診療の他に、小児専門の臨床心理士によるカウンセリングや発達相談、聴覚言語士と機能訓練士による療育を行っています。
医師の専門性に応じて下記の専門外来を設けています。

Ⅰ.専門外来
(すべて予約が必要です。予約時間14:00~15:30、電話042-383-4111)

1. 循環器疾患
先天性心疾患、不整脈、川崎病などの診療です。
心エコー、ホルター心電図、トレッドミル運動負荷テストなどの検査が可能です。
2. 神経疾患
発育の遅れが心配なお子さん、またけいれんや歩行の異常など、神経・筋肉の病気が疑われる子どもさんたちを診察します。
障害児通園施設、特別支援学校・学級のお子さんのご相談、診断書の作成なども行います。
3. アレルギー疾患
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などに対しては、小児アレルギー専門医が診療に当たっています。アレルギー検査も必要に応じて行い、食餌、服薬などについての指導を行います。
4.予防接種 (予約時間 13:00~16:00)
小児期に必要な殆どすべての予防接種を行っています。
5.乳児検診 (予約時間 8:30~16:00)
乳児検診は毎週金曜日午後、当院以外で生まれたお子さんも受けることができます。ご希望の方には、管理栄養士による栄養指導、助産師による母乳指導もしています。
6.小児の心理相談
発達の遅れや心の問題で悩んでいるお子さんとそのご家族のご相談にのっています。はじめに小児科外来へ電話をいただき小児科受診の予約をしてください。そのうえで心理相談の予約をいたします。

Ⅱ.小児の療育  

1. 言語療法
言語発達の評価と相談、必要な方には訓練を行います。まず、小児科外来へ電話をいただき小児科受診の予約をしてください。そのうえで言語療法の予約をいたします。
2. 作業療法 
感覚統合療法を用いて、作業療法士が行っています。はじめに小児科外来を受診(要電話予約)していただきます。訓練開始の順番はお待ちいただくことがございます。
※発達障害の疑い、行動上の問題などを抱えているお子さん達が対象となります。
 

 

ページのトップへ戻る