内科

各種内科疾患の診断と治療、および日常の外来診療を行っています。 内科でよく使う検査として血液・尿・便検査、心電図、X線検査、腹部・心臓超音波検査、胃透視、上部・下部消化管内視鏡、CT, MRIなどがあります

循環器疾患

各種心臓・血管疾患の診断と薬物治療、及び日常の外来管理を行っています。また、動脈硬化疾患・心臓病の予防のための治療・指導も行っています。 また、疾患の診断・治療等についてのセカンドオピニオンにも対応いたします。
対象疾患:狭心症、心筋梗塞症、急性・慢性心不全、各種弁膜疾患、各種不整脈、閉塞性動脈硬化症、永久ペースメーカー・ICD植え込み後、心臓手術後、STENT等のカテーテル治療後、高血圧、高脂血症、メタボリック・シンドローム等循環器領域全般。
検査内容:上記した以外に運動負荷心電図(マスターテスト、トレッドミルテスト)、24時間心電図検査、頚動脈超音波検査、CT/MRIによる血管検査等です。

呼吸器疾患

インフルエンザ、上気道炎、気管支炎、肺炎、肋膜炎など、気胸、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患などを診療しています。

消化器疾患

内視鏡による上部、下部消化管の診断治療、内科的処置で治療可能な胃・十二指腸炎、胃・十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎などの診療を行っています。症状の安定している急性・慢性肝炎、肝硬変、胆石症、胆道感染症、膵炎なども診療していますが、重症な時は遅滞なく救急病院へお願いしています。またB型・C型肝炎のインターフェロン、抗ウイルス薬併用療法や消化器がんの化学療法などは最近では専門性が高いと考えられており、専門病院や大学病院におまかせしています。

糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満などいわゆるメタボリック・シンドローム

当院の得意分野で糖尿病専門外来を行い、肥満や糖尿病に対して食事指導、糖尿病教室を定期的に開催し、患者さん教育に当たっています。 このほか透析を要さない腎疾患の診療も行っています。

 

ページのトップへ戻る