療養病棟(医療)

療養病棟は急性期治療を終えた後も、病状は比較的安定しているが引き続き中長期的な医療的なケアや病院での療養が必要な方を対象にご利用いただく病棟です。  
当院の療養病棟は「療養病棟入院基本料Ⅰ」を算定している病棟です。その算定要件は、医療区分やADLに関する定められた項目の評価を毎日行うことや医療区分2又は3の患者さんの割合が8割以上であることとなっていますので、主に医療区分2又は3の患者さんにご入院いただいています。
重症の患者さん、リハビリテーションを必要とする患者さん、終末期医療の患者さん、レスパイト入院を希望される患者さん等に、一人ひとりの症状・状況に合わせた医療・看護を行っています。

療養病棟に入院をご希望される患者さんは、直接又は現在入院されている施設の連携室を通じて、当院地域医療連携室のソーシャルワーカーにご相談をお願いします。

【地域医療連携室】
電話 042-383-4111(代表)
電話受付時間 : (月~金)9:00~17:00 (土)9:00~12:00 (日祝)休み










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療区分2及び3に関する病態等

<医療区分2>
【疾患・状態】
・筋ジストロフィー・多発性硬化症・筋萎縮性側索硬化症・パーキンソン病関連疾患 その他の難病(スモンを除く)
・脊髄損傷(頸髄損傷)  ・慢性閉塞性肺疾(COPD)
・疼痛コントロールが必要な悪性腫瘍・肺炎・尿路感染症
・リハビリテーションが必要な疾患が発症してから30日以内
・脱水かつ発熱を伴う状態
・体内出血・頻回の嘔吐かつ発熱を伴う状態・褥瘡・末梢循環障害による下肢末端開放創
・せん妄・うつ状態・暴行が毎日みられる状態(原因・治療方針を医師を含め検討)
【医療処置】
・透析・発熱又は嘔吐を伴う場合の経腸栄養・喀痰吸引(1日8回以上)
・気管切開 ・気管内挿管のケア・頻回の血糖検査
・創傷(皮膚潰瘍・手術創・創傷処置)

<医療区分3>
【疾患・状態】
・スモン・医師及び看護師により、常時監視・管理を実施している状態
【医療処置】
・24時間持続点滴 ・中心静脈栄養 ・人工呼吸器使用 ・ドレーン法 ・胸腹腔洗浄
・発熱を伴う場合の気管切開、気管内挿管・感染隔離室における管理
・酸素療法(酸素を必要とする状態かを毎月確認) 在宅あるいは介護施設に復帰予定の方で、主に下記のような患者さまが対象です。

 

 

 

 

ページのトップへ戻る

 

聖ヨハネホスピス 地域包括ケア病棟 療養病棟(医療)
社会福祉法人聖ヨハネ会 桜町病院 社会福祉法人聖ヨハネ会 桜町病院

〒184-8511
東京都小金井市桜町1丁目2番20号

電話:042-383-4111

交通案内