地域医療連携室

地域医療連携室医療相談室では、皆様に安心して療養生活をお送りいただくために、医療ソーシャルワーカーが社会福祉の立場からご相談に応じております。 また、無料低額診療事業を実施しており、医療費等の相談もたまわっております。
例えば、入院に関すること、退院後の生活のこと、社会的なサービスや制度について経済的な問題、介護に関することなど、皆さまの悩みや問題を共に考え、解決できるようにお手伝いしております。
場所は病院正面入口を入ってすぐ左にございます。 ご入院中で来室されることが難しい方は、病院職員にお申し出いただければ病室へ訪問いたします。
なお、相談は無料で、秘密は厳守いたします。 どうぞお気軽にご利用ください。

地域医療連携室は医療福祉相談係と連携係の2部門から成り、患者様と病院、地域とを結ぶ窓口として機能しております。

医療福祉相談係

医療福祉相談係では、皆様に安心して療養生活をお送りいただくために、医療ソーシャルワーカーが社会福祉の立場からご相談に応じております。例えば、入院に関すること、退院後の生活のこと、社会的なサービスや制度について、経済的な問題、介護に関することなど、皆さまの悩みや問題を共に考え、市役所などの行政や支援センターなどの各種関係機関とも連携をとり解決できるようにお手伝いしております。また、当院は無料低額診療事業を実施しており、医療費等の相談も承っております。  
お電話でのご相談も承っておりますが、ご入院中で来室されることが難しい方は、病院職員にお申し出いただければ病室へ訪問いたします。  
なお、相談は無料で、相談内容についての秘密は厳守いたします。

連携係

連携係では、地域の医療機関との連携を大切にしながら、患者様がスムーズに当院へ、また必要な医療を受けることができるように他院へとつなぐ役割を担っております。   
具体的には当院での検査・糖尿病外来等の予約、ご紹介いただいた、かかりつけ医の先生への受診報告、更に高度な医療・検査を必要とした場合の近隣病院への受診予約などを行っております。

場所は正面玄関を入ってすぐ左にございます。どうぞお気軽にご利用下さいませ。

在宅診療部(訪問診療相談外来)

当院では2018年4月に在宅診療部を立ち上げ、小金井市を中心とした地域において、がんで療養中の患者さんの訪問診療を行っております。法人内の訪問看護ステーション(小金井訪問看護ステーション)が24時間体制になり、これまで以上に連携をしながら在宅療養をサポートして参ります。患者さんやご家族のご希望に応じて医療用SNS(MCS)を用いた情報共有を行っており、より充実した連携と安心した療養が可能になります。
小金井市および近隣の地域にお住まいで以下のご希望がある方は地域医療連携室にご相談ください。

①すでにかかりつけ医がいるが、緩和ケアのサポートを希望
 (かかりつけ医の診療はこれまでどおり継続しながら、一緒にがんの診療をサポートします。)
がん治療中だが将来ホスピスの入院も考えている方で入院までの訪問診療を希望
がん治療中だが将来なるべく最期まで在宅での療養を希望していて訪問診療を希望
小金井市内の有料老人ホーム入所中にがんと診断され訪問診療を希望
    *①~④については主治医からの紹介状が必要ですので、まずは主治医に御相談ください。

【訪問診療相談外来】 木・金 完全予約制  
担当 : 在宅診療部長(ホスピス医師) 大井 裕子

ご本人またはご家族に相談外来においでいただいた後に訪問診療を開始いたしますが、 
まずは地域医療連携室までご連絡ください。  
電話 042-383-4111(地域医療連携室)   

 

 

ページのトップへ戻る