患者さんの権利・患者さんの責務

= 患者さんの権利 =

  • 人間としての尊厳を尊重されながら医療を受ける権利があります。
  • どなたでも、どのような病気でも平等かつ公平な医療を受ける権利があります。
  • 病状と経過、検査や治療の内容について、分かりやすい言葉で説明を受ける権利があります。
  • 十分な説明と情報に基づき、自らの意思で医療内容を選ぶ権利があります。
  • セカンド・オピニオンを希望される場合は、当院は快く診療情報を提供します。

= 患者さんの責務 =

  • 病状などに関する情報提供に努める責務
      ご自分の症状や健康に関する詳細で正確な情報を医師や看護師等へ
      提供することにご協力ください。
  • 適切な医療行為が提供できるよう努める責務
      病院内では、他の患者さん等に迷惑にならないように静粛を保つとともに、
      当院職員が適切な医療を行えるようにご協力ください。
  • 病院秩序を守る責務
      病院内の秩序を守るために、当院の諸規則に従ってください。
  • 診療費支払いの責務
      病院は診療報酬によって運営されています。医療費の支払い請求を受けた時は
      速やかなお支払いにご協力ください。

= 病院をご利用いただく皆さんへのお知らせとお願い =

  病院をご利用いただく皆さんには、「患者さんの責務」や「院内でのお約束とお知らせ」等において、静粛・平穏な環境下で当院の職員と患者さんとの信頼関係の下に医療行為が行われるようにご協力をお願いしているところです。
従いまして、次に例示する行為又は類似の行為が見られた場合には、診療の継続に支障をきたす場合がありますので、病院から警告をさせていただきますが、それでもその警告にご理解・ご協力いただけない場合には、当院における診療は困難になりますことから、強制退院や院外退去とさせていただきますことをあらかじめご了承ください。
 なお、その行為が犯罪性を帯びたものである場合には、警察への通報を含め適切に対応させていただきます。また、それぞれの行為により、病院の設備・備品等を破損した場合には、損害の全てを弁償していただきます。


  ◆暴力・暴言、セクハラ行為
◆脅し・威嚇・大声で怒鳴る
◆病院の設備・備品を蹴る、殴る、投げるなどの行為
◆病院内における窃盗行為
◆過剰な要求等診療や治療の妨害行為
◆危険物の持ち込み
◆院内でのアルコール所持・飲酒
◆院内での個人売買行為
◆金品の貸し借り・受け渡し・賭けごと
◆院内での宗教活動・政治活動


より良い医療を実施するために、皆さんのご理解・ご協力をお願い申し 上げます。                

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る