病院の基本理念

私たちはキリストのように人を愛し病める人、苦しむ人もっとも弱い人に奉仕します

私たちはキリストのように人を愛し病める人、苦しむ人もっとも弱い人に奉仕します

桜町病院の癒しのシンボルマークについて

= 愛と祈りの病院でありたいと願う =

桜町病院のシンボルマーク当院の理念を、球体を感じさせる円の中に「さくら」をモチーフにすることで表現されています。5つの花びらは「患者さま・ご家族・ボランティア・職員・そして医療にたずさわる人々」の心の調和と絆の象徴です。
テーマカラーは人の心をやさしく包み込むようなさくらの色に愛と祈りの桜町病院の気持ちを込めてハーモニックピンクと名づけました。

 

 

桜町マインドロゴマークについて

「桜町マインド」とは、 

「患者さんの声に耳を傾ける」、「患者さんの痛みや苦しみを理解する」、「患者さんの傍に寄り添う」

ケアの姿勢をもって患者さんに接するマインド、これが「桜町マインド」です。

 

logo3

職員が温かい心(ハート)で患者さんに寄り添っています。また、カトリックの十字架がそれを見守り、支えています。職員と患者さんはS字を形作っています。
「S」は桜町病院のS、寄り添う=snuggle(スナグル)、安全=safe(セイフ)、そして信頼=secure(セキュア)のSを表しています。構成するそれぞれの色は、黄色は希望を、灰色は調和を、緑色は安心や生命力を、青色は信頼感や誠実を、赤色は元気や情熱を表現しています。

 

 

 

 

ページのトップへ戻る