グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 桜町高齢者在宅サービスセンター  > センター長あいさつ

桜町高齢者在宅サービスセンター

センター長あいさつ

センター長 鈴木 治実から皆様へのご挨拶です。


平成27年4月1日付で、聖ヨハネホーム園長と業務を兼務しておりました藤井律治に代わり、桜町高齢者在宅サービスセンター センター長に就任致しました鈴木治実と申します。
 平成2年10月16日に開設された当センターは、高齢福祉サービスの拠点として長年の間、地域の方の為にサービスを提供して参りました。現在では、介護保険事業として通所介護・訪問介護・訪問入浴・居宅介護支援事業を展開し、小金井の受託サービスとして総合相談を担当する地域包括支援センター、桜町センターの独自事業として食事配食サービスを行っています。
 有り難いことにご利用者様からは喜ばれ、いつも感謝の言葉を頂いております。これも日頃の皆様のご支援・ご協力の賜物だと考えております。今後とも高齢福祉部門(桜町聖ヨハネホーム・本町高齢者在宅サービスセンター)、法人内の医療部門・障がい福祉部門と密接に連携し、地域の皆様が安心して生活していけるようにお支え致します。
 また法人の創設の精神である『キリスト教の愛の精神』を根底に、人を受け入れ質の高いサービス提供ができるように職員一同努力してまいります。
 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
桜町高齢者在宅サービスセンター
                       センター長 鈴木 治実