グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 桜町高齢者在宅サービスセンター  > センター長あいさつ(2020年度を迎えて)

桜町高齢者在宅サービスセンター

センター長あいさつ(2020年度を迎えて)

センター長 鈴木 治実から皆様へのご挨拶です。


 昨年度からの新型コロナウイルス感染が大きな問題となり、現在でも終息に向かう気配がありません。暖かな気候となり、いつもの年ですと心躍り活力みなぎる季節ですが、今年は心が晴れないまま新年度を迎えることになりました。ご利用者様に感染しないだろうか?経済はどうなってしまうのか?心配が絶えない状況です。皆様におかれましても多大な心配やご苦労をされていることと存じます。1日も早い終息と皆様のご健康を願うばかりです。
桜町高齢者在宅サービスセンターは、2020年10月で開設30周年を迎えます。措置時代から介護保険の契約時代への変転、加速する高齢化、地域包括ケアに向けた取り組みなどこの30年で事業を取り巻く環境は随分と様変わり致しましたが、ご利用者様、ご家族様はじめボランティアの皆様、地域の皆様など関係する様々な方に支えられ、事業運営を行えていることに感謝しています。
 より良い支援、選ばれるサービスを目指し、職員が日々誠心誠意取り組んでくれていることを誇りに思うとともに、どのように取り組めばより一層ご利用者様や地域の皆様に満足していただけるサービスを提供できるか悩む毎日です。今後我々がすべきことは、この30年間の成果と感謝の気持ちを何らかの形で皆様に還元していくことだと思います。在宅サービスを提供する複合施設として、今後皆様から何を求められ、何を期待されているかそして何が出来るかを探求し、少しずつ実行・実現していきたいと考えています。
 
 皆様にはご迷惑をお掛けしていることも多々あるかとは思いますが、引き続きご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

 
2020年4月1日
桜町高齢者在宅サービスセンター
センター長  鈴木 治実