グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



桜町高齢者在宅サービスセンター

平成30年度

9月22日 緑長生会

緑長生会カラオケ部の皆様が敬老週間最終日を飾ってくれました。秋をテーマにした選曲とカラオケ部員の独唱で時間を過ごすことが出来ました。私たち桜町センターの近くで緑長生会は活躍されており、利用者様の送迎を行っている際に部員の皆様とすれ違うことがあります。利用者様と同じ年代の方々の元気な姿や、イベントが地域における再会の場になることが嬉しく思います。                      
                                       (通所介護係 星野)

9月21日 どんどこ座

どんどこ座の総勢9名の皆様による和太鼓・笛・鉦の演奏を楽しみました!
賑やかな客寄せの、寄せ太鼓でスタート!秩父祭の山車の中で打たれる秩父屋台囃子、豊年太鼓、三浦太鼓(喧嘩太鼓)と演奏され、途中、奏者と利用者様との太鼓を打ち鳴らす体験も出来ました。
まるで各地の秋祭りの賑わいの輪に参加しているような心踊る敬老会のひとときでした。
                                       (通所介護係 坂田)

9月20日 ウクレレ漫談 『天法楽』

夏の残暑が、まだ続く中、敬老会のイベントに今年も来て下さいました。
沖縄の「涙そうそう」やオリジナルの替え歌を三線を使って演奏してくださいます。
笑いの絶えない賑やかな会となりました。利用者様も終始にこやかに過ごされました。
                                       (通所介護係 郷司)

9月19日 民話の語り「おはなし柿の木会」

日頃より、活動ボランティアとして毎月来て下さる「おはなし柿の木会」の皆様が敬老イベントに参加してくださいました。
・ガマの油売り(筑波)・めぐろのさんま・九人の老人(中国民話)・たからものをくれたお化け(長野民話)・おしゃれどんぐり etc
多くの民話や歌(一寸法師など)を披露してくださいました。抑揚をつけたお話は引き込まれていき聞き入ってしまうものです。
最後は手遊びの「ずんずんちゃちゃ」を職員や利用者様を交えて、盛り上がりました。いつも工夫をした活動ありがとうございます。
                                       (通所介護係 星野)

9月18日 桜唄会

おなじみ桜唄会の皆様が敬老週間の中に、秋を中心とした唄のイベントに来て下さいました。今回は季節にちなんで「秋」をテーマに「里の秋」や「紅葉」、「赤とんぼ」と皆様がメロディーを聞いただけで、口ずさめるものばかりでした。計13曲を一緒に歌わせていただき、中にはメンバーの方が大正琴やピアノを奏でてくれています。              
                                       (通所介護係 星野)   

9月17日 武蔵乃桜太鼓

当日より桜町センターでは敬老の日にちなみ、敬老週間として利用者様の長寿を祝い、日頃のご利用に感謝し、楽しんでいただけるよう計画してまいりました。各イベントボランティアの方々もご協力して頂き、一日目は「武蔵乃桜太鼓」の皆様が来訪してくださいました。
 敬老の日ということもあり、桜太鼓は当日市内の他デイサービスにも演奏を終えてから来る人気スケジュールでありました。
演奏は迫力あり、太鼓を叩く体験コーナーも設け、演奏終了後には、子供たちが利用者様に折り紙で作った鶴やお花をプレゼントしていただきました。一緒に敬老の日をお祝いさせたいただき、ありがとうございます!
                                       (通所介護係  星野)

8月30日 ウクレレ漫談

桜町センターでは、お馴染みのウクレレ漫談:天法楽さんがイベントボランティアに来て下さいました。
ジメジメと湿気や残暑で過ごしにくい気候でありますが、ウクレレの爽やかな音色と漫談から繰り出される笑いで、暑さを忘れさせていただける時間になりました。天法楽さんの漫談は利用者様にもお話を振ってくださり、フロアに一体感を生んでくれます。また、客イジリの芸も、気を悪くすることない優しい表現のため、聞き入ってしまいます。

秋の過ごしやすい季節での開催もお待ちしています!           (通所介護係 星野)

8月11日 ハッピースマイル

2か月に一度のハッピースマイルの皆様が、センターで実施中だった夏祭り週間を盛り上げてくださいました。前半のハーモニカ演奏、後半の民謡で大いに場を盛り上げてくださり、最後はセンター手製のお神輿を一緒に、フロア内を「わっしょい!ワッショイ!」の掛け声とともに周ってくださいました。

いつも、活動のご協力ありがとうございます。              (通所介護係 星野)

7月30日 民謡『友の会』

月に一度、民謡を聞かせて下さる「友の会」の皆様。
「黒田節」や「斉太郎節」、馴染みのある曲の他に「吉野機織唄」などの普段あまり聞くことのない曲を、三味線や尺八、篠笛の生演奏で聞かせて下さいました。一緒に歌ったり、手拍子をしたりして、利用者の皆様も大変楽しんでおられました。                             (通所介護係 宮尾)

7月25日 『ゴールドベル&チェリーベル』ハンドベルサマーコンサート

猛暑の中、今年も桜町センター恒例のサマーコンサートが開催されました。前半は利用者様のグループ:ゴールドベルの演奏でした。
今年のテーマは【山】。「富士の山」、「青い山脈」など7曲を演奏しました。後半は20数年以上続くボランティアグループ:チェリーベルの演奏です。「太陽がいっぱい」やバッハの曲など全4曲、トーンチャイムも交え、美しい音色で利用者様を魅了しました。暑さで疲れた心身を癒してくれる一日になりました。
9月からは、クリスマスコンサートに向けての練習が始まってまいります。 (通所介護係 川崎)

7月17日 桜唄会

2か月に一度来訪して下さる桜唱会の皆様。
毎回、その季節にちなんだ選曲をプログラムしてきて下さり、ご利用者様にも好評です。沖縄三線、大正琴、ピアノの生演奏もあり、あっという間の一時間が過ぎています。
次回の開催も、よろしくお願い致します。                (通所介護係 北村)

6月30日 打・GAKUDAN『四季』

篠笛が得意な職員がお師匠を呼んでくれ、笛・太鼓演奏会が開かれました。
和太鼓以外にも銅鑼(どら)という大きな楽器があり、壮大なパフォーマンスを披露してくださいました。府中市などの近隣市でも演奏をされており、現在メンバー募集中で精力的に活動中とのことです!
『太鼓を持ってどこにでも演奏に行きます』(職員 兼副団長)

6月9日 ハッピースマイル

2か月に1度、ハーモニカと民謡:ハッピースマイルの皆様が来所されました。
もう数えきれないほどセンターにイベントボランティアとして来て下さっています。
今回は職員側がボランティアの皆様の衣装を合わせて参加させていただきました。
利用者様からは、「新メンバーかと思った。」など、いつもと違う雰囲気を提供できております。

6月4日 7月7日 唄とピアノ

ホームページを見て、ボランティアに興味を持ったお二人がピアノと唄でセンターのイベントボランティアとして盛り上げてくださいました。定年退職された後ということもあり「お手伝いが出来れば」と、応募されています。
唄のカドワキ様、ピアノのコマザワ様の二人の演奏は動きが多彩かつ表現豊かでした。まるでミュージカルのような時間を過ごさせていただきました。

6月~7月と連続でボランティアに入ってくださり、嬉しく思います。次回の開催もお待ちしております。

5月29日 ウクレレ漫談

ウクレレを奏でながら、軽妙なお話で利用者様の笑いを生んでくれる天法楽さんが、来所してくれました。普段、利用者様に笑っていただこうと努力する職員を軽々超えた笑いを提供する天法楽さんには頭があがりません。
職員も笑わせていただいております。ボランティアのご協力ありがとうございます!

4月30日 民謡『友の会』

月一回のお楽しみ、民謡『友の会』の皆様がご来所していただきました。
今回は詩吟も取り上げていただくことが多く、利用者様と年齢が変わらない方々の、声量・肺活量に驚かされるものでした。メンバーによっては練習の成果を披露する場にもなっているようで嬉しい限りです。

今年度の開催も、どうぞよろしくお願いします。

4月24日 唄とバイオリン

同一敷地内にあるカトリック教会関係者のご縁にて、交響楽団に所属している金丸様・大塚様がバイオリンと唄のボランティアに来て下さいました。
華やかな衣装、透きとおる歌声・音色に利用者様は釘付けとなっていました。
デイサービスの運動レクで使用することが多い、「幸せなら手をたたこう」も、お二人の演奏であると豪華なものとなりました。

4月14日 ハッピースマイル

3か月に一度の、ハーモニカ・民謡の音楽グループ「ハッピースマイル」の皆様が来所してくださいました。今回は夫婦三味線を民謡の際に披露してくださり、盛り上がる時間となりました。「うさぎとかめ」の替え歌では、年齢を重ねることを前向きに捉えた唄になっており、利用者様から笑いが溢れていました。

次回もよろしくお願いします。