グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 桜町病院  > 入院のご案内  > 患者さんの安全について

桜町病院

患者さんの安全について

患者さまの安全についてのご案内です。


防災

病棟の避難経路図をごらんいただき、非常口や非常通路を必ずお確かめください。

火災発生時

  • 非常ベルが鳴ります。その後の院内放送に注意してください。
  • 職員の指示・誘導に従い、落ち着いて非難してください。
  • 動ける方は、身支度をしてタオル(煙よけ)を用意してください。
  • エレベーターは絶対使用しないでください。

地震発生時

  • 当院は、耐震構造です。震度7までのゆれに耐えられる構造となっています。
  • 最初のゆれで慌てずに指示・誘導をお待ちください。
  • ゆれが治まるまで、落下物に注意して、布団、バスタオルなどをかぶり身の安全を確保してください。
  • 院内放送に注意して、職員の指示に従ってください。
  • エレベーターは絶対使用しないでください。

盗難防止

  • 盗難防止のため、高額な品物の持ち込みはご遠慮ください。
  • 貴重品は床頭台のセーフティーボックスをご利用ください。鍵の管理はご自身でお願いいたします。
  • 鍵を紛失した場合には、看護スタッフにお申し出でください。その際1部をご負担いただく場合もございます。
  • 病院内で不審者・不審物にお気づきになりましたら、お手数ですが、近くにいる病院職員に連絡してください。

感染防止

医療従事者は院内の感染防止マニュアルにしたがって医療行為を行っています。病院内にはいろいろな病原菌をもった患者さんが入院しています。重症患者さん、抵抗力の弱い患者さん、赤ちゃんなどは感染しやすい状態です。以下についてご協力いただき、院内感染の予防に努めたいと思います。

  • 病室に出入りの際には、面会の方も手洗いを十分にしてください。
  • 風邪や下痢、ヘルペスなど体調が優れない方は面会はご遠慮ください。
  • インフルエンザなどの流行期には面会の方にマスクをつけていただくことがあります。
    また、一定期間面会をご遠慮いただくこともあります。
  • 手荷物は床に置かないで、ロッカーにおしまいください。

鉢植えについて

  • 全ての病棟において、鉢植え、植物(土物)のお持込は、院内感染予防のためお断りしております。
  • 病棟、お部屋によっては、生花の持込が出来ないこともありますので、ご了承ください。

誤認・誤薬防止

  • 入院中は安全確保を目的として、リストバンド着用をお願いしております。また、診療や検査・処置・注射の時にはその都度、ご自身のお名前を名乗っていただきますのでご協力ください。
  • お話しの出来ない患者さんについては、リストバンドで十分確認をし、誤認防止に努めてまいります

病室入り口・ベッドサイドのお名前の表示について

  • 個人情報の取り扱いについては万全な体制で取組んでおります。医療安全の側面から病室入り口とベッドサイドにお名前を表示させていただいております。
  • 表示をご希望されない場合には看護スタッフにお申し出でください。

転倒・転落防止のための表示について

  • 転倒・転落を防止するために、「転倒・転落」の危険性について「転倒・転落アセスメントスコアシート」で評価しています。
  • 転倒の可能性の高い方から低い方まで、程度を4段階に分け、ベッドサイドにシールを表示させていただいております。
  • それをもとに、スタッフ間で共有し、転倒・転落防止に努めています。
  • ベッドサイドへの表示についてご理解いただきますようお願いいたします。
    なお、ご同意いただけない場合には、ご遠慮なくお知らせください。

身体拘束について

  • 人権擁護の観点から身体の拘束は行わないようにしておりますが、生命の危険や安全が守れない場合には、最小限の身体抑制を実施させていただいております。
  • その際には、ご本人、ご家族の同意をいただき、実施中も、ご本人、ご家族、医師、看護師と十分検討しながら解除に向けた取り組みを行っていきたいと考えております。