グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



本町高齢者在宅サービスセンター

地域交流

『みんなの安心・ささえ愛ネット』の活動をよろしくお願いいたします!

 「みんなの安心・ささえ愛ネットワーク」(以下「みん愛ネット」)は、2017(H29)年3月に地元の「けやき通り商店会」が商店会の復興や発展を目指して行った「けやき通りの元気なコミュニティづくり事業のための調査」(平成28年度地域・まちなか商業活性化支援事業費補助金事業【地域商業自立促進事業】)をきっかけに生まれました。
 この調査で「商店会に求められる役割期待」は、”身近に買物できる環境の充実”といった一般的な回答以外に、”地域での住民どうしの交流・居場所づくり”や”防災や防犯活動”、”高齢者の見守り”など商店会としては<新たな役割>と思えるような役割に対して期待が大きいということが分かりました。
 そこで、『商い×暮らし(福祉)』で町づくりに何がしか貢献できないものか?!、商業者としては、それで商店会が元気になれたら嬉しい!という話しに至り、とりあえず、この話は大変面白い内容なので月1回でもみんなで集まり、じっくり話し合いを続けてゆこうということになりました。活動を始めるに際しては、小金井きた地域包括支援センターの生活支援コーディネーターにも相談し、定例会などへの参加や協力をお願いし、2017年4月より、毎月第3月曜日の14時30分に当センターで定例会を催すことに致しました。
 私たちの「みん愛ネット」は、「愉しく活動しよう!」をモットーとしており、”緩く”でもお互いが良い関係でつながり、実のある活動をしてゆけたらと考えております。ですので、定例会だけでなく、懇親会なども適宜開催して、親交を深め、よりよいつながりができるように努めています。
 私たち「みん愛ネット」の活動に興味があり、一度見学したいなどご希望される方がいらしたら、当センターの山極(やまぎわ042-388-8011)もしくはけやき通り商店会長の益田さん(090-3912-6882)までお気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします。


 社会福祉法人聖ヨハネ会は小金井市より受託運営する小金井きた地域包括支援センター、本町高齢者在宅サービスセンターが中心となり、小金井市の北東圏域の地域包括ケアシステム構築のモデルづくりに取組んでおります。
 今般、地元の「けやき通り商店会」が旗振り役となり、『みんなの安心・支え愛ネット』という名称で、ささえあい・見守りあいのネットワークづくりを開始しました。(2016年度は準備段階、2017年度より本格始動)
 同ネットワークは、高齢者や子どもの所在確認のしくみとして社団法人セーフティネットワークリンケージの「みまもりあいプロジェクト」(専用アプリのダウンロードによりみまもりの目となる取り組み)を推進しています。

 2017年、2018年と2年連続して「東京ホームタウンプロジェクト」に参加させていただき、商業振興や福祉のまちづくりに寄与できるようなリーフレットづくりにチャレンジしてきました。
 その取り組みについて、渋谷のコミュニティラジオで認定NPO法人「サービスグラント」さんが放送している「渋谷のプロボノ部」で紹介させていただく機会を得ました。


 みんなの安心・ささえ愛ネットワーク(通称「みん愛ネット」)は、2017年4月にけやき通り商店会が旗振り役となり、近隣の福祉施設などと福祉の町づくりや商業振興について自由に、オープンに話し合うことができる集いとして始まりました。この集いは、毎月第3月曜日の14時半~定例会を開催しております。参加者は地域包括支援センターのスタッフ、町会役員、まちカフェ店主、観光町おこし協会の方々、行政やNPO法人など様々な業種・立場の方がいらしております。
 いまのところ、特に規約などはもうけず、ゆる~く繋がり、小金井市で暮らしたり、仕事をするうえでの悩みや不安を分かち合ったり、こうあったらいいなぁといった夢を語ったり、お互いにできることを探し、持ち寄り、町が元気になれるような活動に取り組んでいるところです。
 このコーナーは、「みん愛ネット」に気持ちをもって参加して下さっている方の想いをご紹介させていただきます。町づくりにかける想いに共感の輪が拡がるといいなぁと思い、作成しました。ぜひ、ご一読ください。
                                        センター長 山極 愛郎


 本町センターは、10月21日(土)聖ヨハネ会法人本部にある戸塚ホール(会議室)を借りて「みんなの安心・ささえ愛ネット」の活動の一環として、同ネットのリーフレットづくりに取り組みました!
 当日は、リーフレットづくりにプロボノワーカーさん、応援にも多数の方々が駆けつけてくださいました!皆さん半日がかりの作業、お疲れ様でした!
 同リーフレットは、11月19日(日)に開催される「けやき通りの小さなお祭り~歳末謝恩餅つき大会~」でお披露目予定です。


 本町センターは、地元の町会やけやき通り商店会、医師会や歯科医師会、保育園や幼稚園などさまざまな人たちや諸団体の方々に支えられて活動を続けさせていただいております。
 そこで、日頃のお礼も兼ねて、8月末に本町センターを開放しみんなの安心ささえ愛ネットワークの仲間とともに「コミュニティの輪づくり懇親会」を開催いたしました。
 当日は町会、子ども会、商店会、医師会、幼稚園、NPO法人、一般社団法人、包括、行政、外郭団体の方から街カフェの店主の方など様々なジャンルの方々が出席してくださいました。
 小金井の地で暮らしている方、お仕事をされている方などジャンルは違えども、全ての人に共通していることは「くらし」で繋がっているということです。しかし、昨今「くらし」を支える課題は増えるばかりです。それぞれが実感している困りごとは多々あるけれど、1人ではなかなか解決できないのが実情です。しかし、多くの人が交わり親しくなって一緒に考えたり行動することができれば、解決できることもなおあるのではないでしょうか。
 まずは、皆さんが気軽に集まり、そしてお話しができ、親しくなって、悩み事も共有しあえる…。なんでもオープンに話し合える関係をつくってゆきたい…。そんな願いから、この懇親会を開催しました。
 これをきっかけになかまの輪が広がったり、出来ること探しができるようになって、コミュニティの課題解決が少しずつすすめば幸いです。
 今後も機会をみつけて、このようなつどいを開催したいと考えております。ぜひ、お気軽に参加して頂けたらと存じます。(本町センター長 山極 愛郎)


 「みんなの安心ささえ愛ネット」の活動のひとつに、認知症高齢者にやさしい街づくりがあります。認知症になると「場所の失見当」が現れ、一人歩きをしているうちに方角がわからなくなり道に迷ってしまうのです。
 その結果、警察に保護されるなどご家族にとっては精神的に負担と感じるエピソードが増えてきます。そうなると、ご本人に「入所」や「入院」してもらうことになりがちで、ご本人にとって「最期まで自宅で過ごしたい。」という希望は叶わなくなるのです。
 認知症になっても最期まで自宅で過ごしたい!、そんな思いを実現するには、ご家族が精神的に追い込まれないように、近所や町ぐるみで認知症になった方とその家族を支えることが求められています。
 そこで、「みんなの安心ささえ愛ネット」では、認知症に強い町づくりを実現するために、行方不明などの捜索協力支援アプリ(通称「みまもりあいアプリ」)を活用できるよう、広くアプリが普及できるよう応援したいと考えました。
 同アプリを活用した「かくれんぼ」は、昨年度けやき通り商店会が主催する秋祭りを出発点とし、小金井社協主催の「こがねい市民活動まつり」でも実施され、今年は、その流れを受けて社会福祉法人聖ヨハネ会が主催する「聖ヨハネ祭」でも実施することにいたしました。
 当日は、朝が雨天だったこともあって、出足が危ぶまれましたが、それでも奇跡的に晴天に変わり、多くの方々で賑わい、親子連れの方々がたくさん参加してくださいました。
 この場をお借りして、ご参加いただいた方、そしてかくれんぼを実施するにあたり、ご協力を頂いた小金井市長西岡真一郎様、法人関係者の皆様方、そして、ささえ愛ネットの皆様方など多くの方々に御礼申し上げます。本当にありがとうございました。(本町センター長 山極 愛郎)