グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




本町高齢者在宅サービスセンター

「みんなの安心・ささえ愛ネット」メンバー紹介

「みん愛ネット」に参加されておられる方々をご紹介します!

 みんなの安心・ささえ愛ネットワーク(通称「みん愛ネット」)は、2017年4月にけやき通り商店会長が旗振り役となり、近隣の福祉施設などと福祉の町づくりや商業振興について自由に、オープンに話し合うことができる集いとして始まりました。
 この集いは、毎月第3月曜日の14時半~定例会を開催しております。参加者は地域包括支援センターのスタッフ、町会役員、まちカフェ店主、観光町おこし協会の方々、行政やNPO法人など様々な業種・立場の方がいらしております。
 いまのところ、特に規約などはもうけず、ゆる~く繋がり、小金井市で暮らしたり、仕事をするうえでの悩みや不安を分かち合ったり、こうあったらいいなぁといった夢を語ったり、お互いにできることを探し、持ち寄り、町が元気になれるような活動に取り組んでいるところです。
 このコーナーは、「みん愛ネット」に気持ちをもって参加して下さっている方の想いをご紹介させていただきます。町づくりにかける想いに共感の輪が拡がるといいなぁと思い、作成しました。ぜひ、ご一読ください。
                                        センター長 山極 愛郎


しんあいのぞみ保育園 園長 橋本 怜史さん

●Question①
 みんなの安心ささえ愛ネット(以下「みん愛ネット」)のミーティングに参加したきっかけを教えてください。
●Answer①
 本町高齢者在宅サービスセンターの山極さんにけやき通り商店街でばったりお会いし、ミーティング参加するよう口説かれたのがきっかけです(笑)。

●Question②
 「みん愛ネット」のミーティングに参加して、良かったこと、ヒントなど気づきを得たことについて理由を含めて教えてください。
●Answer②
 地域のみなさまと繋がりを持てるようになったことです。何かあったときは相談に乗ってくれたり、お互いに助け合ったり、みなさまと交流を持つことで大きな安心感を抱くようになりました。また、多職種他業種の方たちと情報や意見交換をしていくなかで、自分自身の視野も広がってきており、自分の仕事にも新しい楽しみや可能性を感じるようになりました。
 ミーティングは毎回アットホーム。みんなで笑いながら楽しく議論していくので参加させていただいて、とても楽しくありがたい限りです。
 
●Question③
 生活者の目線で元気な街づくりをするとしたら、あなたやあなたが所属する団体はどのようなことに取り組んでみたいと考えますか。理由を含めて教えてください。
●Answer③
 認可保育園を運営していく中で、園児が地域のみなさまと関われる機会も作っていきたいと考えています。また、子育て支援として、園児以外のお子さんが保育園に関われるような場所づくりもしていきたいです。「孤育て」なんて寂しいことが言われたりする昨今ですが、目指すところは地域のみんなで子育てなんじゃないでしょうか。子どもが地域と繋がれば、そのご家庭も地域と繋がります。地域に住んでいる、または働いてる方たちが、そのような交流を自然に積み重ねていくことで、小金井ならではのローカリズムが作られていく、そんな感じで、市民が安心して元気に暮らせる街づくりに微力ですが、協力させていただけたらと考えています。
 
●Question④
 今後の「みん愛ネット」の活動への期待などについて教えてください。
●Answer④。
 ラジオ番組をやってみたら面白いかと。(笑)
 

●Question⑤
 ご自分や所属する団体についてPRしたいことがございましたら一言ください。
●Answer⑤
 しんあい保育園が2019年で開園70周年を迎えました。昭和、平成、令和と時代をまたぎ、今日まで事業を続けてこれたこと、心より感謝しております。利用していただいているご家庭、働いてくれている職員、そして、行政や福祉関係者のみなさま、地域のみなさま、本当ありがとうございます。しんあいのぞみ保育園は2019年4月から開園したばかりですが、10年後20年後でも街のみなさまから必要とされる存在であれるよう、ひとつずつ積み上げていきたいです。市内の子育て家庭向けに「にこにこ広場」という催しを定期的に行っているので、ぜひご参加していただければ嬉しいです。開催時は市報などでお知らせしています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 
社会福祉法人信愛会 しんあいのぞみ保育園
住所:〒184-0004  小金井市本町3-5-3
TEL:042-401-1721
ホームページ: https://shinai.ed.jp/

小金井きた地域包括支援センター 生活支援コーディネーター 中川 麻砂子さん

●Question①
 「みん愛ネット」の取組みのうち、一番心に残ったものベスト3を上げてください。
●Answer①
 今年度からの参加ですので、まだ何が一番ということはちょっと答えにくいです。これから「みん愛ネット」の皆様と一緒に心に残る取組みをどんどん作り上げていきたいと思います。

●Question②
 「みん愛ネット」の取組みを振り返っての感想をお聞かせください。(良かったこと、気づきなど)
●Answer②
 色々な業種の方々からのお話は毎回、新鮮で新しい発見の連続です。「みん愛ネット」に参加することでメンバーの皆さんからパワーをもらっています。また、「みん愛ネット」を越えてのつながりも生まれています。強力な仲間が地域の中にできたこと、とても感謝しています。

●Question③
 生活者の目線で元気な街づくりをするとしたら、あなたやあなたが所属する団体はどのようなことに取り組んでみたいと考えますか。理由を含めて教えてください。
●Answer③
 町の中にはお元気な高齢者が沢山いらっしゃいます。高齢者の方の豊富な経験と知識を活かせる場を作っていけたらと思います。

●Question④
 今後の「みん愛ネット」の活動への期待などについて教えてください。
●Answer④
 「みん愛ネット」の活動はとても活発で活動の幅もとても広がっていることを感じます。「みん愛ネット」のようなつながりが小金井の他の地域でも広がっていくと、小金井がもっと魅力的な街になっていくと思います。

●Question⑤
 ご自分や所属する団体についてPRしたいことがございましたら一言ください。
●Answer⑤
 小金井きた地域包括支援センターは小金井市に4つある地域包括支援センターのうちのひとつで、小金井市の北東圏域を担当しています。介護保険を中心とした高齢者の総合相談窓口です。お住まいのみなさまが安心して、いきいきと暮らしていけるよう、様々な人とつながりながら事業を進めていきたいと考えております。

社会福祉法人聖ヨハネ会 小金井きた地域包括支援センター
住所:〒184-0005 東京都小金井市桜町1丁目9番5号
TEL:042-388-2440(直通)/ 042-381-0006(代表)
FAX:042-387-2324
ホームページ:http://www.seiyohanekai.or.jp/sakura-center/index.html
MAIL:koganei-kita-houkatsu@seiyohanekai.or.jp
営業時間:9:00~17:30

小金井市観光まちおこし協会 事務局長 千葉 幸二さん

●Question①
 みんなの安心ささえ愛ネット(以下「みん愛ネット」)のミーティングに参加したきっかけを教えてください。
●Answer①
 これから急速に進行する高齢化に向けて、数年前から高齢者が地元で元気に暮らしていける地域コミュニティづくりを商工業、農業などの産業的な視点でできないだろうか、と考えていました。そんな時に、「みまもりアプリ」を手段としてこれまで試みられていなかった「商店会+介護(福祉)」という結びつきで、新たな地域コミュニティ作りをはじめた「みん愛ネット」に面白さと可能性を感じ、その取り組みを動かしているけやき通り商店会長をはじめとするメンバーに興味を持ったことがきっかけです。

●Question②
 「みん愛ネット」のミーティングに参加して、良かったこと、ヒントなど気づきを得たことについて理由を含めて教えてください。
●Answer②
 「商店会」、「町会」、「老人会」などこれまで地域の活動を支えてきた町のプラットホームがだんだん機能しなくなっていて、それぞれの内部だけでもがき続けてきたのが大多数の地域の実情だと思います。そんな中で、「みん愛ネット」の取り組みは、2017年8月末に行われた地域懇親会「みんなの輪づくり懇親会」が象徴しているように、これまで地域で活動してきた既成の組織・分野の敷居を少しずつ取り外し新たな地域コミュニティを生み出しつつあります。これをヒントにすると、地域コミュニティの再生を声高に叫んで大上段に構えるのではなくて、地域で困っているもの同士が「垣根を取り払う」という緩い取り組みを進めることで地域コミュニティ再生が少しずつ進んでいくんじゃないかと思います。そして、その取り組みが続く先に、「共助」を土台とするコミュニティ醸成の「場(プラットホーム)」が展望できる気がします。

●Question③
 生活者の目線で元気な街づくりをするとしたら、あなたやあなたが所属する団体はどのようなことに取り組んでみたいと考えますか。理由を含めて教えてください。
●Answer③
 「町を元気にする」取り組みを考えるときにいつも意識しているのが「住宅地小金井」というこの町の特性で、「生活者の目線」で考えるということです。いま、その特性を踏まえて一番考えていきたいのは、「暮らしの中にあったらいいこと」を検討し、実験し、実現していける「場(プラットホーム)」を造ることです。商店街や介護施設、農園、公園、などに着目しながら、市内の様々な地域が抱えている課題に向き合える「場(プラットホーム)」づくりが、暮らしに添って課題解決を進める新たな地域コミュニティの源になると考えています。

●Question④
 今後の「みん愛ネット」の活動への期待などについて教えてください。
●Answer④
 見守りアプリを“てこ”に新しい関係性が生まれたところから、その関係性を活かした取り組みを考え・創っていく次の段階を意識して話し合いが進むことを期待します。私たちも外部からその動きに連動するような仕掛けを一緒に考えていきたいと思っています。

●Question⑤
 ご自分や所属する団体についてPRしたいことがございましたら一言ください。
●Answer⑤
 小金井市観光まちおこし協会は、ヒト・モノ・コトの情報受発信基地として、まちの情報を集め発信することで地域の賑わいづくりを進めています。また、住民・NPO・企業・行政・学校などといった主体間の連携や、農商工連携をはじめとした異分野同士の連携など多様な主体・分野・地域をつなぐコーディネート活動に取り組んでいます。
 協会では、その活動のパートナーとして、個人・法人問わず、会員(年会費:3,000/一口)を募集中です。会員になっていただくと、会員の皆様の活動情報やイベント情報をホームページやSNSで発信するほか、市内ラックへのチラシ設置など様々な方法で情報発信のサポートをします。さらに、活動のパートナーをお探しの方にはご希望に応じてご紹介するほか、共同事業のご相談にも応じられます。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

一般社団法人 小金井市観光まちおこし協会
住所:〒184-0004 小金井市本町6-5-3シャトー小金井1F
TEL:042-381-3980 / FAX:042-316-3981
ホームページ:https://koganei-kanko.jp/
MAIL:info@koganei-kanko.jp
営業時間:平日9:00~17:00 土日祝はお休み

「焼菓子工房 フォレストマム」オーナー 澁谷 聖子さん

●Question①
 みんなの安心ささえ愛ネット(以下「みん愛ネット」)のミーティングに参加したきっかけを教えてください。
●Answer①
 2017年度より店の事業とは別に、子供から大人までが気軽に集い、食を共にすることでそれぞれの居場所や生き甲斐を見出せたらという思いで、「みんな de ごはん」という活動を本町1丁目にて行っております。それと同じ頃に、フォレストマムのある質屋坂でもお年寄りの徘徊が見られ、南地域包括の馬場さんと、昼間オープンしている商店で見守ることが出来ないか、と相談していました。
 元々、あいたい屋の益田さんとは小金井フードリレーションズという飲食で町おこしをしようという活動をしておりましたので、みん愛ネットの活動などに何かヒントがあるのではないか?とお声かけ頂いたことをキッカケに参加させていただくようになりました。  

●Question②
 「みん愛ネット」のミーティングに参加して、良かったこと、ヒントなど気づきを得たことについて理由を含めて教えてください。
●Answer②
 一番に良かったことは、様々な分野・職種の方々と出会いお話を伺うことによって今迄私が行ってきた活動と事業が1つにまとまり始めたことです。また、商いに福祉的な活動をうたう事にどこか後ろめたさや、難しさを感じていたのですが、どちらも目指す目標は同じだと気づかされました。
 元気な地域に元気な商いがうまれ、やがて元気な街(小金井市)になる。だから商いと福祉が繋がることは不可欠で自然な流れだと思います。そのためには沢山の方々と協力し合い、色々な角度から話し合いながら大きな目標を目指していきたいです。

●Question③
 生活者の目線で元気な街づくりをするとしたら、あなたやあなたが所属する団体はどのようなことに取り組んでみたいと考えますか。理由を含めて教えてください。
●Answer③
 うちは卵・乳・小麦を使わず野菜100%のお菓子惣菜を販売するというアレルギー対応も兼ねた店です。
 健康概念、アレルギー改善、認知症予防にと日本古来からの食生活が見直されてる現代です。店の特殊性を活かして、その時代を過ごしてこられた高齢者を交えて知恵や工夫を学び、次の世代に伝えていける機会や場面を増やす活動に取り組んでいきたいです。

●Question④
 今後の「みん愛ネット」の活動への期待などについて教えてください。
●Answer④
 同じような願いや希望を持ちながら、各分野の悩みや困り事を相談・解決していけるような、時には連携し支えあっていけるような、そして、各々がそれを持ち帰り現場や地域に還元していける間口の広い「プラットホーム」のような場所・そんな活動に期待しております。

●Question⑤
 ご自分や所属する団体についてPRしたいことがございましたら一言ください。
●Answer⑤
 卵・乳・小麦を使わず植物性100%で作るお菓子や惣菜を販売している小さな店です。
 「食べることは元気の源・みんなで一緒に食べたら嬉しい」をコンセプトに日々の食卓に寄り添った店づくりをしています。そんな想いから、食を通した居場所「みんな de ごはん」の運営も行っております。

「焼菓子工房 forestmam」 
住所:〒183-0013 小金井市前原町3‐41‐28
TEL:080‐6545‐6702
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/forestmam/
営業時間:日・月定休 11:00~18:00
   
「みんな de ごはん」
住所・TEL:同上
営業時間:毎月第4金曜日 15:00~19:00
  

一般社団法人セーフティネットリンケージ 代表理事 高原達也さん

※2018年度ヨハネ祭deかくれんぼ(2018.10.14)西岡市長と記念撮影

●Question①
 みんなの安心ささえ愛ネット(以下「みん愛ネット」)のミーティングに参加したきっかけを教えてください。
●Answer①
 みまもりあいプロジェクトのアプリを広げるにはどうすればよいか?をNPO法人UPTREEの阿久津さんに相談したところ、「商店会×福祉」の取り組みをされている「みん愛ネット」を紹介頂きました。(※阿久津さんご自身も「みん愛ネット」メンバー) 

●Question②
 「みん愛ネット」のミーティングに参加して、良かったこと、ヒントなど気づきを得たことについて理由を含めて教えてください。
●Answer②
 2017年11月にけやき通り商店会にて「見守り合える町づくり」に向けて、商店会のお祭りでいろんな世代に捜索体験とアプリダウンロードを増やすことを目的に「かくれんぼ企画」を実施させていただきました。「みん愛ネット」と出会わないと実現できなかった発想でした。2018年はこの活動が口コミで広がり全国70ヵ所で実施しまして参加数は約1万人規模に。東京都の商店会グランプリにおいても優秀賞を頂きましたね。広がりました。

●Question③
 生活者の目線で元気な街づくりをするとしたら、あなたやあなたが所属する団体はどのようなことに取り組んでみたいと考えますか。理由を含めて教えてください。
●Answer③
 「みまもりあい・かくれんぼ企画」を多くの人に知ってもらってお祭りイベントで捜索体験してもらいながら、アプリダウンロード頂いて見守り隊になってもらえたらと思っております。ダウンロードが多ければ多いほど、見守り合える町が実現していくと思っております。 

●Question④
 今後の「みん愛ネット」の活動への期待などについて教えてください。
●Answer④
 お祭り・イベントで商店会と福祉をつなぐきっかけを生み出してくれたので、次はそれを他の商店会にも広げて、万が一の際にも見守り合える体制作りに進んでいければと思います。お祭りイベントでのかくれんぼ企画の打ち合わせ時を通じて、「商店会と福祉」が連携に向けて打ち合わせをする機会になればと思っております。
 
●Question⑤
 ご自分や所属する団体についてPRしたいことがございましたら一言ください。
●Answer⑤
 みまもりあいプロジェクトはあくまでも互助を支援するツールであり、黒子的な存在になります。かくれんぼ企画は、子供たちを中心に楽しく家族と捜索体験頂き、認知症への関心をもってもらえる取り組みにつながります。実施はとても簡単でコストも子供たちのお菓子代くらいと安価ですので、ご興味ある方いれば、ご連絡頂ければと思います。今後もアプリのほうは、いろんな課題等の声を頂いて、新しいサービスの開発に貢献できるように頑張っていければと思っております。

一般社団法人 セーフティネットリンケージ(公益社団法人認定申請中)
住所:東京事業所:〒162-0852 東京都新宿区南榎町54-305
TEL:070-6650-4223
MAIL:takahara@snl.jp
◆みまもりあいプロジェクトサイト http://mimamoriai.net
◆団体サイト http://www.snl.jp

NPO法人UPTREE ケアギバーズカフェ店長 藤林 一正さん

●Question①
「みん愛ネット」の取組みのうち、一番心に残ったものベスト3を上げてください。
●Answer①
1位 「商業者向けパンフレット」の作成・配布(2018.11.19)
2位 東京商店街グランプリで優秀賞受賞(2018.11.9)
3位 「ヨハネ祭deかくれんぼ」を開催(2018.10.14)

●Question②
「みん愛ネット」の取組みを振り返っての感想をお聞かせください。(良かったこと、気づきなど)
●Ansewer②
・みん愛ネットのミーティングにはユーモア、温もりがある。
・「商業者向けパンフレット」「東京商店街グランプリで優秀賞受賞」「かくれんぼ」など、想いをひとつひとつ目に見える形にしている所がいい。小金井市内のリアルな情報を共有させてもらえるのが有難い。

●Question③
生活者の目線で元気な街づくりをするとしたら、あなたやあなたが所属する団体はどのようなことに取り組んでみたいと考えますか。理由を含めて教えてください。
●Answer③
・認知症、癌ばかりでなく、障がい、ひきこもりなどのあらゆる家族介護者にとって、気軽に立ち寄り、憩える居場所となっていきたい。一番辛い思いをなさっている人が、街へどんどん出てくることができるように、介護者のためのケアギバーズカフェについて発信していきたい。

●Question④
今後の「みん愛ネット」の活動への期待などについて教えてください。
●Answer④
・「ユーモア」と「目に見える実践」で、街の活力になり、街の人々をつなぐ。
・名前の通り、「みんなの安心・ささえ愛ネット」の火を燃やし続ける。
・このネーミングは素晴らしく、このネームにふさわしい、小さな実践を積み重ねていく。

●Question⑤
ご自分や所属する団体についてPRしたいことがございましたら一言ください。
●Answer⑤
・あらゆる家族介護者がありのままの思いを吐露できる居場所として、武蔵小金井駅南口すぐの喫茶フロンティア2Fにて、ケアギバーズカフェを月9回やっております。ひとりで悩んでいないで、気軽にお立ち寄りください。「http://uptreex2.com/「家族介護、ひとりで悩まないで!」。をご覧ください。

NPO法人 UPTREE(アップツリー) ケアラーズカフェこがねい
住所:〒184-0002 東京都小金井市梶野町1-2-36(KO-TO内)R05
TEL・FAX:042-288-7700
ホームページ:http://uptreex2.com/
MAIL:info@uptreex2.com

Cafe5884 店主 小林 由美さん

●Question①
 みんなの安心ささえ愛ネット(以下「みん愛ネット」)のミーティングに参加したきっかけを教えてください。
●Answer①
 「みん愛ネット」の活動は同じ飲食店仲間のあいたい屋の益田さんのSNS発信等で知っていて注目していたのですが、2018年の夏ごろ、きた包括支援センターの黒松さんに「“オープン”なミーティングをやっているからどうぞ」と声をかけていただいたことが直接のきっかけです。

●Question②
 「みん愛ネット」のミーティングに参加して、良かったこと、ヒントなど気づきを得たことについて理由を含めて教えてください。
●Answer②
 地域密着型の生き方をしたいとカフェを始めてから5年、地域に貢献できている実感がなく悶々と手探りをしていた私が、「地域での支えあい」を目指す同じ思いの人たちに会えて仲間に入れてもらえたこと自体がまず良かったこと。そこで多くの情報をいただく中で、私にもできることが見えてきました。

●Question③
 生活者の目線で元気な街づくりをするとしたら、あなたやあなたが所属する団体はどのようなことに取り組んでみたいと考えますか。理由を含めて教えてください。
●Answer③
 様々な事情で家の中にいることが多い方たちが街に出て楽しめるとよいですね。うちは飲食業なので「あのカフェなら行けそうだな、行ってもいいな、行きたいな」と思ってもらえるように、できるところから食のバリアフリーを進めたいと思います。

●Question④
 今後の「みん愛ネット」の活動への期待などについて教えてください。
●Answer④
 街の皆さんの困りごとがここに持ち寄られて、どうしたら解決できるか知恵を絞っていく中でそれぞれの得意分野に結びつき、それを活かして解決できるはずと信じています。そのためにも仲間をもっと増やしたいですね。

●Question⑤
 ご自分や所属する団体についてPRしたいことがございましたら一言ください。
●Answer⑤
 玉川上水の木々を眺めながらほっとできるカフェです。食事は野菜中心(100%植物性)のお総菜と玄米ご飯。毎週木曜日と月1回土曜日に介護予防のための「シニア筋力アップ教室」を開催、第3火曜日に「楽しい折り紙教室」を開催。ご興味のある方はお問合せ下さい。そのほか各種イベントを企画中です。

Cafe5884(カフェ ゴーハチハチヨン)
住所:〒184-0005 小金井市桜町1-11-21
電話:042-387-1004
ホームページ:http://cafe5884.com
Facebook:Cafe5884
営業時間:11:00~18:00(ラストオーダー17:30)、不定休

けやき通り商店会長(あいたい屋店主) 益田 智史さん ※「みん愛ネット」代表

●Question①
 「みん愛ネット」の取組みのうち、一番心に残ったものベスト3を上げてください。
●Answer①
 商店会長としての私の立場の延長線上に、「みん愛ネット」の活動があります。ですので、商店会長になってからの取り組みすべてが心に残ります。
商店会のお祭りでは、御餅の無料配布の行列に安全に加われるように交通規制を初めてかけて歩行者天国にして、子ども達に道路にお絵かきしてもらいました。また、街路灯フラッグを作り幼稚園児の皆さんにお絵描きしてもらいました。それから、昔あった小金井名画座にあやかりつくった仮設映画館「けやきの名画座商店街」の取組みも記憶に新しいです。
 夏の風物詩「小金井阿波おどり」は、残念ながらけやき通りを通らないので、秋の商店会のお祭りに阿波踊り連にお願いして披露していただきました。
 とにかく思いつく事はなんでもやってみる!最初はそんながむしゃらな気持ちで商店会長としての責務を遂行しようとしていました。しかし、「みん愛ネット」の創設に繋がったアンケート調査事業は、そうした活動をする中で、地元の人たちが本当に望む取組みや要望、生の声をまずきちんと聴くところから始める必要を感じて実施させていただいたものです。その結果、コミュニティに住んでおられる方の商店会に対する福祉的な取組への期待が明確にわかり、みんなの安心・ささえ愛ネットを結成するに至りました。
 今思えば、未熟な私が何か行動を起こすたびに周りの人は冷や冷やしていたことでしょうね(笑)。それどころか、時には一部強い反対も受けたりもして…。地元発展のために頑張る熱意がときにくじけそうになったり、反省を繰り返したりしながら、一つ一つ経験を重ねてきました。それは、自分一人では何もできないということや、思いや熱意を理解してもらえるまでには長い時間がかかると言うこと。人にはそれぞれ立場があって、思いや考え方には違いがあるということ。等々です。
 そして今、活動において常に気を付けていることは「何の為にやっているか?」と言う原点からブレないようにすることと、続けていくためには自分も周囲も愉しんで取り組めるようにするということ。です。
 さて、前置きが長くなりました。みん愛ネットの活動はそのどれもが印象に残っておりますが、強いて言うならば…
1位「けやき通りdeかくれんぼ」
2位「お元気ですか?リーフレット」の作成~ママボノ」
3位「コミュニティの輪づくり懇親会」
でしょうか?!私の中で三つを選ぶのはとても難しいです。

●Question②
 「みん愛ネット」の取組みを振り返っての感想をお聞かせください。(良かったこと、気づきなど)
●Answer②
 これまで、みん愛ネットが取り組んだ活動の全てに様々な喜びがありました。私にとっての最大の喜びは、私たちの暮らしを明るくするために活動をともにしている『仲間』との『出会い』です。これまでこんなに近くに居ながらその存在に気が付かなかった心強い人達。繋がりを築いてからの発展性。今となっては、私から見える地元の景色はとても明るくなりました。勿論、自身の事業にも還元されていると思います。

●Question③
 生活者の目線で元気な街づくりをするとしたら、あなたやあなたが所属する団体はどのようなことに取り組んでみたいと考えますか。理由を含めて教えてください。
●Answer③
 商業振興を狙い、組織する商店会ではありますが、その実態は高度経済成長の時代の感覚(作れば売れる、うまければ売れる、安ければ集まる、のような)を捨てきれない旧態然とした独りよがりの活動になっている所が未だに多いのではないかと感じています。時代の移り変わりを素直に受け止め、慣習だけにとらわれずにニーズを知ることに努め、新しい分野や他の分野にも目を向け、耳を傾け、需要を見つけたら私達なりに取り組むことが必要と肌で感じています。
 ですので、モノやサービスにあふれる時代にあっては『選ばれる事』に挑戦しなければいけないのだろうと思います。もちろん選ばれる理由は多種多様で、地域ごとにも違ってくるかと思いますが、まずは「選ばれるために何をするか」を探すことから始めることが大事かなと思っています。
 商業者と消費者の間の双方向のコミュニケーションで、地域コミュニティを築く必要性は、今の時代にとても重要になってきていると思います。

●Question④
 今後の「みん愛ネット」の活動への期待などについて教えてください。
●Answer④
 商業や福祉の従来からあった取組みに縛られず、時にはとがった取組みにも挑戦してみたいです(笑)。
 とにかく生活者の目線で「正しいこと」「必要とされていること」に活動の基本をおきながらも、活動を通して『楽しいコト』が感じられるようにして、継続できる楽しさを追求・実践してゆきたいです。新しい仲間を常に受け入れられる懐の深さ、広さも忘れずに。

●Question⑤
 ご自分や所属する団体についてPRしたいことがございましたら一言ください。
●Answer⑤
 街の個性で重大な要素を占める個人商店。顔が見えなければ「値札」しか見ないというのが正直なところだと思います。「値札」だけで判断するなら安い方がいいですけど、個人商店がなくなってしまったら街の個性もなくなり面白くない街になってしまうのではないかと思います。
 「なんとなくイイね。」とか、「行ったことないけど気になるね。」なんて思ったら是非、勇気(そんなにいらないですけど)を出して行ってみて、そして利用してみて下さい。大型店にはない、人・個性・繋がりとの出会いが溢れています。
 売り買いだけじゃない個人商店の魅力に気づいたら、地域で暮らすということがより豊かになってゆくと思います。
 私はその期待に応えられるように、日々の商いに精進していきたいと思っていますし、こんなお店が少しずつ増えていく事を信じています。

ROCK’N KITCHEN あいたい屋(バー&グリル)
住所:東京都小金井市本町2-9-11
電話:042-384-7069
ホームページ:https://aitaiyarock.wixsite.com/aitaiya
Facebook:https://m.facebook.com/%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%84%E5%B1%8B-396929050418833/
営業時間:ランチ 月〜金 11:30〜14:00・土日祝日 11:30〜15:00
     夜の部 月〜土 18:00〜22:00 日祝 17:00〜22:00
     定休日 水曜