グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 本町高齢者在宅サービスセンター  > 事業紹介  > 地域支援事業〔受託事業〕

本町高齢者在宅サービスセンター

地域支援事業〔受託事業〕

(1)認知症高齢者を支える介護者の集い 〔家族介護継続支援事業〕

認知症となったご家族や友人のこと等で悩まれたり、相談を受けたときに皆さんはどう対処しておられますか?介護を現にしておられる方、すでに介護生活を卒業された方、介護に悩みや関心を持っておられる方などさまざまな方が集える機会としております。情報交換や話を聞いてもらったり、アドバイスを受けたりできる相互交流機会としています。毎回、懇談会形式ですのでお気軽にお立ち寄りください。認知症の勉強にも取り組んでいます。
【活動日】 毎月第1土曜日
【時間】 13時30分~15時00分

テーマ:認知症になった方にとってやさしい町づくりを目指して(2019/11/2)

※当日の記録写真を撮り忘れたとのことですので、チラシでスミマセン。

テーマ:「認知症の症状の理解と対応について」(2018/12/8)

●桜町病院 認知症介護認定看護師を講師に招き、認知症の症状への対応方法を学びました。

●参加者それぞれの介護の方法を共有し、意見交換を行いました。

テーマ:「桜町病院 認知症疾患医療センターについて」(2017/2/8)

●平成28年7月より桜町病院で東京都地域連携型 認知症疾患医療センターが創設されました。センターの役割りについて学びました。

●グループに分かれ、参加者どうし日々のお話をされました。

テーマ:「認知症高齢者の食事が進むひと工夫」(2016/11/19)

●「認知症高齢者の食事がすすむ ひと工夫」をテーマに開催されました。

●認知症の基礎知識や症状を学び、ムース食や補助食品の試食も行いました。

~酢豚風味のムース食~

(2)家族介護教室〔家族介護教室事業〕

 小金井市民で要介護高齢者を介護する家族の方、または興味のある方を対象に、適切な介護知識・技術を習得するための教室を毎年1回開催しています。詳細は本町センター(042-388-8011)までお問い合わせください。

テーマ:「アロマでリフレッシュ」(2019/11/16)

 家族介護者は、在宅介護をお一人で担っていることが少なくありません。そのため、ストレスの発散を上手にできないと精神的に参ってしまう可能性があります。
 本年度の家族介護教室は、こうした家族介護者のストレスを上手に発散するための方法として、流行のアロマに着目しました。
 当日は、15名の大勢の参加を得ることができました。桜町のキャンパスにある法人本部の戸塚ホールで、皆さん和気藹々とおしゃべりをしながらの参加でした。

●講師は地元でアロマセラピストとして活動している寺井小百合さんです。

●参加者の皆さんは終始和気藹々。楽しく参加していただきました。

テーマ:「老後の金銭管理」(2018/12/7)

●今回は、「老後の金銭管理」~認知症と診断されたら(もしもの時に慌てない為に)~というテーマで、小金井市社会福祉協議会地域支援係長室岡利明氏に講演いただきました。

●休憩時間にも質問が出るほど、皆様熱心に参加されており、テーマへの関心の高さを感じました。

テーマ:「かかりつけ薬局の上手な活用方法」(2017/11/18)

寒さも増し本町センターの隣のイチョウの木も黄色く色鮮やかになってきました。
小雨の降る中、たくさんの皆様に参加して頂きありがとうございました。
今回の講習会は小金井市薬剤師会、田中智巳氏を招いてお薬の基礎知識からご自身の内服薬についてなど学びました。
各種サービス内容の見学・相談窓口

本町高齢者在宅サービスセンター
電話:042-388-8011
担当: 川村