グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



本町高齢者在宅サービスセンター

さくらんぼ工房(2020年度)

手のひらアート(2020年11月)

●手形をとって、顔と嘴を描いて、ハクチョウに見立てます。

●完成品は、こんな感じになります。
●合作で湖にハクチョウが大集合しているイメージが形になりましたね。以下にメイキングを写真でお見せします。製作プロセスが愉しいんです。

●最初に、「手のひらアート」の説明をします。

●こうして筆で自分の手に絵の具を塗ってゆきます。

●そして、白く塗った手のひらを青いキャンバスにグッと押し付けて手形をとります。

●ご利用者のS様も手形づくりに取り組みながら「いやぁ、こんな風に手に絵の具を塗るなんてことは初めてのことですなぁ。」と仰られていました。

●重度の方にも説明をさせていただき、一緒に参加していただきました。

●男性のご利用者様の手形は大きく、どっしりしていて逞しい印象ですね。

●手形に沿って紙を切ってゆきます。

●白鳥の形をした手形が出来上がりました。

●ベッドで横になっている時間が多い方も、これでしたら一緒に参加できます。
●「手形ならいくらでもとっていいよ~!」

●手形をとり、ハクチョウの顔や嘴の部分を書き足し、それぞれのハクチョウ(手形)を切って湖に見立てた青い模造紙に貼り付けてゆきます。

Xmasリースづくり(2020年11月)

●飾りつけに必要な材料はこんな感じです。

●大久保園さんのフェンスにある朝顔でリースの輪となるつるを取りに来ました。

●種ももうなってるのねぇ

●本町住宅には、どんぐりを拾いにやってきました。

●ずいぶんと大きいどんぐりが落ちています。

●採ってきた「つる」の使えそうなところを選びます。

●つるを良い形にするのはなかなか難しいものですね。

●昔は器用だったのよ。
●いえいえ、いまでも十分に器用ですよ!

●もう少し太くしたほうがいいかしら。

●つるで輪っかができたら飾りをつけてゆきます。

●そういや、子どもの頃にどんぐりなんかよく集めたもんだねぇ。

●もっと、華やかな感じにしたいわね。

●バランスよくできたわ!

●綺麗な色のお花もあるのね。(ポプリです。)

●小ぶりだけど気に入ったのができたわ。

●クリスマスの雰囲気が出ていて素敵です。

玉ねぎの皮の草木染め(2020年11月)

●いつものように「草木染め」の手順です。

●玉ねぎの皮には臭いが残っているかな?

●玉ねぎの皮を不織布に入れます。

●布に模様をつけるために洗濯ばさみで布を挟んでゆきます。「洗濯ばさみを使うのも久しぶりだわぁ。」

●たこ糸で結びます。「草木染めは昔流行ったことがあるのよね。」

●どんな模様になるのか楽しみだわ!

●玉ねぎの皮を入れた煮汁に布をつけて一緒に煮詰めます。煮立たせないのがポイントだそうです。

●ミョウバン液につけると鮮やかな色になりました。

●さて、翌日!いよいよ洗濯ばさみを外して模様を見てみます。

●「あら、お花みたいな模様になっているところがあるわ。」一番人気は洗濯ばさみでできた模様でした。

●「こんな模様になったんだねぇ~。」と、感心しきり。

●いろんな模様が出来ました。不織布を牛乳につけると色がよくのるというので、不織布を2つにわけて作業をしてみたそうですが、スタッフの話ですとあまり変化はなかったとのことでした。
●しかし、洗濯とかすると差が出てくるのでは?

花梨シロップづくり(11月)

●作り方をホワイトボードに書き出して、確認します(^^♪

●「それにしても立派なかりんだね~」
●前の日からお湯につけて、きれいに洗いました。

●今年もご近所の方のご厚意で、小金井産のかりんをたくさん頂戴しました

●さあ、毎年恒例のかりんシロップ、作るわよ~

●このかりん、中身はどうなってるかというと…

●じゃーん、こんな感じ。種のまわりがゼリー状になっています。果肉だけでなく、このエキスも喉にいいらしいのです。

●「薄く切るのね。堅くて、切るのが結構大変だね。」

●「私に任せて!じゃんじゃん切るわよ。今年のかりんは果汁が多くて瑞々しいわね。」

●「あなた、なかなかうまいじゃないの。」

●切ったら、種ごとビンに入れて…『種ごと』というのがミソ!

●お砂糖を投入~

●出来上がり!若き頃、歌手を目指していたS様「かりんは、すごく喉に良いんだよね。僕も楽しみにしてるよ」

春を待つチューリップを植える(2020/10/19)

●だんだん、寒くなってきました。来春に素敵なチューリップを観たいので、ケーヨーD2にチューリップの球根を買いに来ました!

●早咲きと遅咲きがあるんだねぇ。

●「この色素敵ねぇ。」

●「じゃ、これに決定だね!!」

●いつものとおり、手順はホワイトボードに書いてみんなで共有しま~す。

●まずは、プランターに土を入れる作業からだね。おしゃべりしながら、冗談を言いながら皆様愉しそうですね~。

●ホワイトボードの教示にしたがって、等間隔で植えていきます。

●ただ、植えるだけじゃありません。きれいに咲きますよ~に♡!と祈りながら植えます(笑)

●何を植えたかわかるように、ミニプラカードも作成しました!

●センター入口付近に設置しました。いつ芽が出るかなぁ~ってみんなの愉しみになるからイイですね!!

朝顔の花びら染め(2020/09/30)

●いつもの通り、作業工程はホワイトボードに書き出して、みんなで確認します。

●お湯をつくり、酢を入れます。

●朝採れの朝顔の花びらをお酢を加えたお湯に投入します。

●お酢の力で、朝顔の紫色が発色よく抽出できました。

●染色液づくりの一方で、色付けをする布に模様を施すため輪ゴムで布を縛ります。

●出来上がりを創造しながら、輪ゴムを結ぶ作業は手先の巧緻性のトレーニングになります。

●どこに輪ゴムをとめたら面白い柄ができるかしらね。

●輪ゴムでとめた布を染料に漬け込んで煮詰めます。どんな色に染まるかしら。

●生地が綺麗な紫色に染まりました。

●色が落ちないようにミョウバンの溶剤に布をさらします。

●輪ゴムを外します。さぁ、どんな模様になってるかしら。

●いいデザインでしょ?! ハンカチとしてデートに使うわ(笑)

●仲良しコンビでハイ、ポーズ!!上出来でしょう?!

「花びら染め」のための朝顔摘み(2020/09/30)

●朝顔摘み。皆さんいい笑顔です。

●咲きたての花を摘むのは心苦しいけれど、「花びら染め」ができたら長く愉しめるので摘ませてください。

●ジップロックの袋にこうして摘んだ朝顔を入れて、冷蔵庫で保管すると、長いこと活用できるようです。

●車椅子の方も一緒に摘みに来ました。
●秋涼の澄んだ空気やお花に触れ、気分転換としても良い機会になっています。

●手を伸ばしてフェンスに咲いているお花を摘みます。
●日常生活動作のリハビリ機会としても良い機会になっています。

●フェンス一面が朝顔の花壇のようになっているので、こんな風に摘んでいます。

草取り(2020/09/11)

●カブやらニンジンを植えましたが、畝の周りには雑草がスクスク育ってきます。

●ご利用者のS様といっしょに草取りに行きました。僅かな時間ですが、気分転換になるとお話しされていました。また、作業をして汗をかくのも気持ちがいいと仰ってくださいました。

スイカを食べよう!(2020/08/31)

●大スイカ(3kg)、中スイカ(2,600g)、小スイカ(1,280g)

●採れたてのスイカですよ~。あぁ、重いわぁこれ。

●結構、小さく見えても重いわね~。そうでしょ、大丈夫?

●豪快にパクリっ!

●売ってるスイカより甘いかも。

●甘くて瑞々しいわ!

●夏の味覚、ご馳走様でした!!

音楽セラピー(2020/08/21)

●リトミックスカーフで音楽に合わせながら身体を動かします。

●ご自分で選んだカラーのリトミックスカーフで参加します。準備は万端!!

日本舞踊(2020年8月)

●8月より日本舞踊のお稽古が再開しました。

●先生もお着物に合わせて和風マスクで感染症予防対策!

●久しぶりのお稽古に皆さん少し緊張気味でしょうか?

●それでも、音楽に合わせて手を挙げ、踊ってゆきます。

指先に気持ちをこめて丁寧に踊られておられです。

●皆さん綺麗に手が揃っていますね。

援農の収穫を分かち合う(2020/07/30)

●今日(2020/07/30)の畑の収穫です。もう、いんげんとナスは収穫期のピークを過ぎ、最期の収穫になりそうです。スイカが17個も実をつけ、そのうち小玉スイカ1個を収穫してきました!!

●獲れたての小玉スイカですよ!どうですか、結構重いでしょう?!
(※それにしてもY職員君の皮膚が痛々しい(泣)お薬もらってちゃんと治そうね!)

●それにしても、立派なナスだわね(笑)

●どれ、ミニトマト食べてみようかしら。あなたもどう?

●わぁ、酸っぱいっ!でも、味があるわねぇ。昔のトマトを思い出すわ。

音楽セラピー(2020/07/25)

●音楽療法の桜井先生もコロナ対策をして再開しました!

●歌は合唱できないので、楽器でリズムを取ります。先生が「夏は来ぬ」「椰子の実」など季節の歌を用意して下さいました。

●元気にハンドベルを鳴らします。

●「うみ」のリズムに合わせて身体も動かしてゆきます。

●初めての音楽セラピー。ハンドベルを上手にならしてくださいました。

●ダブルT様も息を合わせてハンドベルを鳴らします。

梅干しづくり

●塩漬け小梅を瓶に入れます。

●紫蘇と和えます。

●紫蘇は市販のものを使用しますが、小梅はセンターで漬けたものです。

梅シロップ試飲会(2020/07/07)

●約1か月半が経過しました。

●みんなで頂くために準備しました。

●氷砂糖が溶けて、琥珀色の梅シロップができあがりました!

●それではみなさん、かんぱーい!

●甘くて梅の香りがしておいしいわ~。ほんとね~。

●シロップをそーっと丁寧にグラスに注ぎます。

●からの、冷水割り。こちらは男性がお手伝い。

●みなさんでどうぞ!ご利用者様から梅ジュースの差し入れです。

●「センター長、いつもありがとう!」「慎んで頂戴いたします(笑)」

●大役果たし、お疲れ様でした。ホッと一息の図

大根の種まき(2020年7月)

●いつものとおり、段取りはホワイトボードに書いてわかりやすく!イラストも入れたりしています。

●ポットを準備して、と。今日は大根を植えます。

●まずは、育苗用ポットに土を入れる作業を2人がかりで協力し合って行います。

●ご利用者のH様は、大根の品種に関心がある様子。この品種は「三太郎」っていうんだね。

●シャベルの柄で穴を掘ります。

●大根の種って、こんな風に赤いんですね。

●小さな種を2~3粒ずつ入れていきます。

●「ここに種を入れてもらえますか?」「了解!これでいいですか?」男性のご利用者様同士、声をかけあいながら種植えをしてくださいました。

●種を植えたポットを持って、外に出しに行きます。

●玄関前で「ハイチーズ!」無事に芽が出るのが愉しみですね!!

季節の野菜 7月 枝豆

●鋏を使って切っていきます。

●私は手でもいでいくわね。

●S様は枝豆を取るところから一緒に手伝ってくださいました。

●実がしっかり入っているわね。

●真剣な面持ちで枝豆取り。でも、この真剣さがいいんです。とっても集中しておられです。

●枝豆を茎から一つひとつ丁寧に外してゆきます。

●こーんなにたくさん取れましたよ。塩ゆでしてみんなでいただきましょうね!

●番外編 ナスも取ってきたので見て頂きました。大きなナスにびっくり!!

季節の野菜 6月 いんげん

●いんげん筋取り。昔、お母さんのお手伝いでよくやりましたね

●「ちょっと、お塩入れた?」

●「いや、これ、甘いねぇ~」

コピックアート再開(2020年6月)

●久しぶりのコピックアート!先生も指導に力が入ります。

●ここに、こうして色を入れていくと・・・

●見本とはあえて違う色をいれてゆきます。健側の左手で集中しながら塗っていきます。

●ひさしぶりで、筆の使い方を忘れていたなぁ

●とても真剣に集中され取り組まれています。

●先生のアドバイスを受けて、どんどん筆が進みます。

●ご利用者それぞれの個性溢れる作品に先生が素敵なコメントをしてくださいます。

●「お疲れ様でした!」「ご指導ありがとうございました!!」

紫陽花の飾りづくり(2020年6月)

●色紙を割りばしでこんな風に巻いて

●それをたくさんつくります

●花の型はトイレットペーパーの芯を使うのだそうです。

●花の色紙はこうして一つひとつ切らなければいけないので、結構根気のいる作業です。

●バランスが難しいんだよなぁ

●私できたわよ、どう?

●作業中は真剣そのもの。きちんとバランスなどを考え整えていきます。

●もうお帰りの時間間際ですが、あと少し頑張って製作しているところです。

●紫陽花七変化!この時季の紫陽花を上手に表現されていますね。凄い!凄い!

●エレベーター庫内に貼りました。みんな見てくれますね。無機質な庫内が明るくなります!

簡単梅干しづくり(2020/06/02)

●近所の「いなげや」さんに出かけました!

●小梅漬けの次はらっきょう漬けも予定したので、一緒に仕入れます。

●男性2人での買い物!こういうお姿も自然な感じで、なんかとてもいいですね。

●レシピはいつも通りホワイトボードに記入して、最初に工程をみんなで確認します。

●ヘタは取りやすいのと、取りにくいのとがあります。

●「母は梅干しをつくっていたけど、私はつくったことがないのよ。」

●「私もそう。つくったことがないの。」とご高齢でも初めての経験!これってとても新鮮ですね。

●「今日の梅はずいぶん小さいわねぇ。」そうなんです。小梅を使っています。

●ヘタを取った後の小梅はとても綺麗です。

●塩を投入して・・・

●ちょっとはちみつを入れるそうです。

●空気を抜いてジップロックを閉じます。

●これで、次第に塩味と甘みで梅が浸かるようです。

梅シロップづくり(漬ける編)(2020/05/26)

●素材はこれだけ

●梅ね。入れよか?

●こんな感じで梅と氷砂糖を交互にいれてゆくのですが・・・

●梅が凍っているから、「結構冷たいわねぇ。」

●氷砂糖を交互に入れる作業を協力し合って・・・

●これ、結構重いですね。

●私は梅が大好きでねぇ。愉しみだわね。

梅シロップづくり(下処理編)(2020/05/25)

 今年もさくらんぼ工房の活動をご紹介しま~す。老化にともなう認知機能の低下予防(脳の活性化)のために、取り組んでいるさまざまな活動は、昔に帰っての活動やら、暮らしに密着した活動やら、さまざまな活動があります。いろいろな発見を得て、また、次の活動に繋げる一連の取り組みは、ご利用者様お一人お一人をよりよく理解したいと願う気持ちなくしてはできないと考えます。
 だから、「愛ある人」になれるように私たちもまた成長しないとなりません。「愛をもらう人」から「愛を与えられる人」に成長するために、ご利用者様の胸を借り、教えていただきながら前に進んで参ります。

●作業手順をみんなで確認します。

●梅。格安です!JAむさし小金井ファーマーズ素晴らしい!!

●ボールに青梅を入れて・・・

●流水で洗います。

●「立派な梅だねぇ。」

●「梅の香りがしてくるねぇ。」とおしゃべりしながらのヘタ取り。

●こんな風にマスクをしながら黙々と作業をしていると・・・

●田舎の工房かと見紛うばかり(笑)

●ヘタを取った後は、ジップロックに入れて・・・

●一晩凍らせます。そうすると組織が壊れて、梅のエキスが抽出しやすくなるそうです。

書道にチャレンジ!!(2020/05/21)

●何十年ぶりかの書道ですが、バランスよく書けてますね。

●自然に姿勢がシャンとしますね。

●何度も練習して…

●いざ!本番