グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




本町高齢者在宅サービスセンター

先輩たちの物語

 最近の求職者の皆様は、条件面で職場選びをする方が多いと聞きます。しかし、条件面だけで自分の生き方に係る職場を選んで、どれだけ納得のゆく仕事ができるでしょうか?本町センターは、自分たちが、誇りを持ち、元気が出る職場づくりに取り組んでいます。
 このコーナーでは、そんな職場に努めているスタッフの声をピックアップしています。職場選びを考えている方は、一度、この職場の諸先輩の物語を一度ご覧になってください。


管理者からのメッセージ

 小金井市立本町高齢者在宅サービスセンターは、武蔵小金井駅より徒歩6分。けやき通りに面し、介護保険制度にもとづくデイサービス(一般型通所介護・認知症対応型通所介護・総合支援事業)と小金井市からの委託事業(食の自立支援事業、家族介護者継続支援事業など)を提供している単独型通所介護事業所です。
 デイサービスでは送迎車でご利用者様のお宅に伺い、センターにお連れいたします。センターでは、ご利用者様の有する能力に応じた趣味生きがい活動などへの参加や、その方が必要としている移動、移乗、食事、入浴、清潔整容、排泄などに係るケアを提供しています。また、受託事業の食の自立支援事業は、安否確認を兼ねた配食(夕食)サービスの提供、閉じこもり予防のためのいっぷくカフェ、活動会食会を開催しています。

「ご利用者様も職員も、“いまを生きている実感”が持てるような過ごし方をしよう!」を大切に

このように、私たちの活動はさまざまありますが、活動の基本に、「ご利用者も職員も、“いまを生きている実感”が持てる過ごし方をしよう!」をスローガンとして掲げ、それを実現するために、
●活動がルーティーンとならないように工夫をする。
●日常生活リハビリ(起居動作)を大事にする。
●ご利用者様の希望や要望をお伺いし、行事企画に反映する。
●コミュニケーションの基本に「共感」を大切にする。
などに取り組んでいます。

「やってよかった!」・・・感動や発見の中で楽しく有意義だったと感じとれる人生にしたい

 私たちが一緒に働きたい人は、まず、私どもの理念「病める人、苦しむ人、弱い立場の人に奉仕する。」
に共感して頂ける方です。そして、何事も自分事として受け止め、考え、発言し、行動できる人。さらに、他者に対する尊敬や感謝の気持ちを持ち、謙虚な姿勢で人と接することができる人です。
 そんな仲間と一緒に家族やコミュニティの福祉を追究できる職場をつくりたいと考えています。そのためには、家族やコミュニティが必要としていることを理解し、共感し、課題解決に取り組むことができる人財づくりに力を入れてゆくことが目下部門全体の課題となっています。
 福祉の現場では私たちがご利用者様を支えていると捉えがちですが、実際は私たちこそがご利用者様に支えられていることも少なくないと感じています。だからこそ、私たちはご利用者様の側に立った視点で自分達の日頃の支援を常々点検することが大事で、相手目線で考えることを習慣化できるように声かけしあっています。そして、私たち自身も自分自身の限りある生命の時間を人のために捧げて仕事をしているので、「この仕事に就いてよかった!」と思えるような支援をすべきと考えています。なので、先輩たちから教わったやり方をただただ踏襲し、努力も工夫もなく、日々「今日一日無事終わった。」というだけの支援に終始しては勿体ない生き方だと感じており、私たち自身もまた感動や発見の中で楽しく有意義だったと実感できるよう日々の支援に勤しんでもらいたいと考えています。

自分がやりたいことを提案し、みんなに喜びや楽しみを創り出すスタッフを支援したい

 本会に入職しての6年間は、高齢福祉部門の組織や財務改善に注力することが最優先課題でしたので、なかなか足元の本町センターの運営に十分関われないでおりましたが、今年から漸く少しずつ私自身がこれをやってみたいと思ったら率先してそれに取り組むことを始めています。
 その手始めに野菜づくりや梅シロップづくりを行いました。ご利用者様との野菜の収穫体験、その野菜を一緒に調理し食したり、梅シロップは、できあがったシロップでジュースをつくり飲んだり、残った実でソースをつくってゼリーにかけて食べたり・・・。一つの取組みのなかに「育てる喜び」、「収穫する喜び」、「調理する喜び」、「食べる喜び」などいくつもの喜びを見いだすことができます。そして、その喜びは世代を超えてみなで分かち合うことができます。そんなところからまずは自分自身が提案し、実行して見せ、皆が感じてくれるようになってもらえると次に繋がるのではないかと考え、取り組み、職員の取組みの足がかりになれば良いと期待をしています。
 そして将来的には、このような生活に密着したなにげない日常の活動が、職員やご利用者様だけでなく、コミュニティの様々な方々からも支援いただき、「私支援する人」「あなた支援される人」の関係の根本的な見直しにつながり、ともにこれまでを生き、そしていまを生きる者同士認め合い、支えあい、出会ってよかったね!と言える関係づくりに発展すると良いなと考えています。
 そのようなわけで、こうした視点もあって私は、地元のけやき通り商店会長とともに「みんなの安心ささえ愛ネット」を立ち上げ、町会や商工会、町づくり観光協会、NPO法人、カフェの代表の方々、福祉医療介護の諸機関や専門職の皆様などとともに、みまもりあい・ささえあいの互助・共助を可能とする町づくりの取り組みにもチャレンジしているところです。
 以上のように、私たち本町センターは介護保険法にもとづく通所介護サービスの提供に留まらず、福祉のまちづくりへの参画やFSの実践支援事例の積み重ねをもって、社会福祉法人の存在意義や施設のあり方について検討をすすめて参りたいと考えています。
 そしていつの日か、社会福祉法人の歴史的役割がそうであったように、FSの実践から新たなサービスや制度が創設されたり、制度施策の縦割り弊害を克服して、全体としての家族の福祉を実現できるような支援機関を創設されることになったらいいなぁと密かに期待しています。
※人としての尊厳が守られた生活が営めるよう、個別のニーズにサービスが適合できるよう信頼関係の構築とサービス・フィッティングを行う福祉サポートを『フィッティングサポート』(以下「FS」と略す。)と定義

1 宮川夏子(介護職員初任者研修修了) 2017(平成29)年入職

母の勧めで始めた介護の仕事、初めはあれこれ考えるばかりで体がついていけなかった

この仕事を始めたのは、母がずっとヘルパーとして働いていて、介護の勉強がこれから役に立つと勧められ、介護職員初任者研修を受けたことがきっかけです。亡き父は脳血栓症で倒れ、そんな父を看取る中、私は高齢で在宅生活している方がどんな生活を送っているのかに興味を持ちました。倒れることがなければ、今頃、父も受けていたかも知れないサービスです。私は、1人で仕事をするよりもチームで働いてみたかったので、デイサービスの仕事を始めました。そうして始めた仕事でしたが、一般デイのフロアに配属になり、ご利用者様の人数には驚きました。お名前とお顔を一致させるだけでもひと苦労でした。まずご利用者様のお名前とお顔を覚えようとか、3月だったので卒業式や桜の話題でお話ししてみようとか…あれこれと考えるばかりでなかなか体が動いていなかったことを思い出します。職場の先輩方はそんな私に一つひとつ丁寧に仕事を教えてくれました。ご利用者様からも「もう慣れた?」「頑張ってるね」と声をかけて頂き、逆に元気をもらい、それを励みにさせていただき、仕事に取り組みました。男性のご利用者様と接する時は、“この方はなんとなく父に似ているな”、とか“父ならどんな風に過ごしていただろう”とついつい考えてしまうのですが、“自分がご利用者様の家族ならどうしてあげたいと思うか”を考えながら寄り添いたいと思うようになっていました。

「ありがとう」が行き交う職場で、「当たり前の日常生活」を支えることに面白さと喜びを感じて

この仕事を始めてすぐに感じたのは、「ありがとう」がたくさん行き交う職場だということです。私たちからご利用者様に、ご利用者様から私たちへ、私たち職員同士…。「ありがとう」という言葉がみんなの笑顔を創り出し、とてもいい雰囲気で仕事ができていると感じています。また、これまでしてきた「主婦」や「母親」の経験を仕事に活かすことができるので、この仕事により一層のやりがいを感じています。40代後半に、未経験で介護の世界に入り、ご利用者様と接する基本は「当たり前の日常生活」を支えることだと日々学んでいます。ひげや爪が伸びているな、顔色があまりよくないな、などの身体的な変化の気づき、季節の行事や食べ物の話、よく歌っていらした童謡や唱歌・・・。ご利用者様の日常に自分の日常を重ね合わせることができた時、この仕事の面白みを感じるだけでなく、喜びを感じる機会も増えます。デイサービスで過ごしていただく時間は、現在だけでなく、過去と未来につながっている時間だと思います。ご利用者様との会話の中で、その方の懐かしい昔話が話題となり、「久しぶりにその頃を思い出すことができて、楽しかった」と言われたことが、とても印象に残っています。逆に2020年の東京オリンピックの話題など、これからの生きがいにつながるお話もしていくようにしています。個々のご利用者様をフェースシートなどで理解し、必要な支援を安全に行い、常に周りの状況を把握しておくことを大切にする。その上で、ご利用者様に楽しく過ごしていただけるよう、声のトーンは明るめ、そして笑顔で接することを心掛けています。

介護福祉士を目指し、ご利用者さんから頼られ、ホッとしてもらえるような介護者になりたい

職場にはベテランの方がたくさんいらっしゃるので、わからないことがあれば直接相談をしたり、先輩の受け答えや動きを見て、積極的に取り入れてるようにしています。仕事の中にレクリエーション担当があり、毎週何をしようかを考えるのは楽しくもあり、なかなか大変な仕事です。20人前後のご利用者様が楽しんでもらえる時間になるように、先輩方のやり方を真似したり、インターネットで調べたりして工夫を凝らして(頑張って)います。“今日は盛り上がったな”と感じる時は、ご利用者様の力や声を引き出せた時だと感じています。ゲームでお互いに応援したり、クイズの答えを皆さんで意見を出してくれたり、本当にご利用者様に助けられています。せっかくこの仕事を始めたので、国家資格の介護福祉士の資格を取りたいと思います。そして、介護技術がまだまだ未熟なので、安心・安全に介助できるよう技術を身に付けていきたいです。少し不安なお気持ちのご利用者様からも頼られ、ホッとしてもらえるような介護者になれるよう、介護技術はもちろん、人間として成長していきたいです。そして人生の先輩と出会えるこの仕事を心から楽しんで、長く働き続けることが目標です。

2 郷原弥生(介護福祉士) 2016(H28)年入職

コミュニケーションを大切にする職場で、不安なく仕事に取り組めている

 10年以上主婦をしており両親も健在でしたので介護の経験など全くありませんでした。家の近所だったヨハネホームで、生活サポートの仕事を募集していたので、働かせていただくことになりました。
 しかし、あるとき、ご利用者様のおひとりに「あなたは私の姉に似ているのよ」と声をかけられる機会がありました。その方は私の顔を見るたびに嬉しそうに声をかけてくださるようになりました。この方との出会いから、他のご利用者様に対してもどのような人生を歩んでこられたのだろうと考えるようになり、もっと、ご利用者の皆様と直接的に、深く関われたらいいなと思うようになりました。それが、この仕事に就いたきっかけです。
 とはいえ、未経験でしたので、最初は、仕事を覚えることに必死でした。そんな私に対して、職場の皆さんが「ひとつひとつ、ゆっくり教えていくから、焦らなくていいですよ。」と励ましてくださり、安心したのを覚えています。お手本になる先輩方がたくさんいること、また、様々な研修制度や職場の先輩や上司によるOJTなどもあり、介護の道を広く、深く学ぶ機会が与えられているので、これまで不安なく仕事に取り組めていると感謝しています。
 また、ご利用者様の支援の仕事をするうえで職員同士のコミュニケーションをとても大事に考えている職場です。お互いを理解すようとする意識が、職員ひとりひとりに芽生えていて、何か課題を抱えたときもお互いに相談しやすい職場環境だと思います。そのような職場づくりを目指しているセンター長をはじめ、上長ともコミュニケーションが取りやすく自分に合った具体的なアドバイスをいただき、課題解決に取り組むことができています。

「認知症だからできない」ではなく、一人一人の可能性を信じて支援したい。

 センターには、認知症の進行でコミュニケーションに工夫が必要な方や、病気のため言葉でのコミュニケーションが取れない方がいらっしゃいます。
コミュニケーション方法を工夫し、言葉ではなく整容やマッサージなどノンヴァーヴァルコミュニケーションなども取りいれながらいろいろ試すなかで、笑顔やリラックスした表情が見られたときには、努力してよかった!と感じます。また、昨年度から、旬の果実や野菜を使った保存食作りにチャレンジを開始しました。ご利用者様とともに「つくる、待つ、食べる」行程を、楽しみながら行っていますが、出来上がりの喜びはひとしおです。  
 最初は自信がなかったり、興味がなかったりして乗り気でなかったご利用者様も、見ているうちに次第にやってみたいと思われるようで、気づいたら一緒に参加されることも少なくありません。だから、「認知症があってやる気がないから、この方はできない」ではなく、ひとりひとりの感じ方を受け止めながら、その方の可能性を信じて支援していくたいと思うようになりました。

ご利用者様と出会えたことに感謝し、一人一人に合った接し方ができる支援者に

 ご利用者様はお一人お一人違った個性をお持ちですし、同じ方でもその日によって体調などの状況の変化があります。技術や知識を身につけ、経験を積んで、一人ひとりにあった接し方ができる介護福祉士になるのが目標です。私は、ご利用者様やご利用者様のご家族のお話を聴くことが大好きです。お話をお聞きすることで、自分自身得るものが必ずあるからです。その方のそれまでの歩んでこられた人生を知り、センターにきてくださっているいまこの時も、その方の人生が刻まれているということを意識しながら、どうしたらその方らしい充実した一日を過ごしていただけるか、これからも模索していきたいと思います。そして、私自身もご利用者様と出会えたことで充実知多毎日を過ごせていることに感謝して過ごしていきたいです。